空き家投資

東京で注目のプラットフォームの空き家投資

老後に必要な資金が2,000万円とニュースなどの報道で流れた関係で、家賃収入で 不労所得を得ることを考えるサラリーマンが急増しています。

少額から始められる不動産投資やワンルームマンション投資などが人気を集めていますが、その水面下で投資家から人気を集めているのが、プラットフォーム株式会社(代表:天 野貴志 住所:東京都品川区西五反田1-11-1)の「空き家投資」です。

以前から、空き家を活用した不動産投資は注目を集めていましたが、プラットフォーム株式会社の手掛ける投資モデルは他社とは異なる仕組みで、賢く資産運用ができる仕組みが整っています。

驚くことに、プラットフォーム株式会社で実際に運用されている物件の表面利回りは平均12%を記録。

注目の空き家投資を手掛けるプラットフォーム株式会社は、2019年3月に会社設立、5月に本格的なサービス提供を開始しました。そのため、今後、大きく成長していく企業だと情報収集が早い投資家からは注目を集めています。

そのような噂を聞いた当社は、プラットフォーム株式会社のセミナーに潜入してきました。この記事では、実際に話を聞くことによって感じたプラットフォーム株式会社の魅力を徹底解剖します。

プラットフォーム株式会社の空き家投資は高利回りを実現

プラットフォーム株式会社は、2019年3月に五反田に設立した不動産投資会社です。不動産事業・建設事業がメイン事業となり、物件仕入れ・リフォーム・物件管理までをワンストップで依頼することができます。
空き家を再生して入居希望者に貸し出して不労所得を得る空き家投資ですが、プラットフォーム株式会社が手掛ける物件の平均利回りは12%と高い数値を誇っています。

下記のデータは、実際に運用が始まっている物件のデータです。

250万円の空き家を240万円でリフォームをした490万円の物件を月額賃料5.5万円で貸し出しています。

この計算でいくと、約8年運用するだけで黒字化になることが分かります。

プラットフォーム株式会社の空き家投資の戦略

空き家を活用した不動産投資は以前から話題に上がっていましたが、これまでの投資方法とは全く異なるのが、プラットフォーム株式会社の空き家投資です。ここでは、その魅力をご紹介します。

空き家を再生して住宅確保要配慮者に提供

プラットフォーム株式会社の空き家投資は、郊外の低価格で販売されている築古の空き家を購入し、リフォームをして空き家を再生します。再生した空き家を住宅確保要配慮者(シングルマザー・外 国人・生活保護者)に提供します。

多くの住宅確保要配慮者は、賃料の安いアパートに住んでいます。低賃料を最優先することで、駐車スペース・ペット飼育・部屋の広さなどの諸条件を諦めているのです。また、シングルマザーなど子どもを育てている世帯では、子どもの騒音などが気になり、近隣トラブルが起きないか心配している人もいます。このような方々に、のびのびと安心して子育てをしていただくために、地域最低水準の賃料設定にて、「駐車スペース無料」「ペット飼育可能」「3LDK」といった好条件で賃貸物件を提供します。

空き家であれば、両親や友人を招く際に駐車場が用意でき、隣や下の階に住んでいる住人に騒音の迷惑をかけないかどうか心配する必要もありません。 また、子供が2人以上いる場合でも、1人1部屋を与えることができて家族間の プライバシーを守ることができるでしょう。

このように、住宅確保要配慮者が選択する物件の中でも、同程度の賃料にも関わらず、住まいの条件で差別化を図ることができるため高い入居率を誇っているのです。

不動産業専門家が厳選した物件のみを取り扱う

プラットフォーム株式会社は、不動産業・建設業のプロフェッショナル集団です。 郊外の空き家を選定する際には、通勤圏内に工業団地や物流施設等の就業先があるかどうか徹底的に調査し、賃貸ニーズを見極め、厳選した物件のみを取り扱っています。そのため、外国人労働者などにもリーチできる仕組みになっています。

プラットフォーム株式会社が手掛ける賃貸戸建物件は、近隣の築古アパート等の競合物件に比べ物件力があり、リフォーム工事中に入居希望の申込みが入り、工事完了の翌日に入居者と賃貸契約をすることもあるようです。そのため、不動産投資で配慮しなければいけない空室リスクの心配は少なく投資を始めることができるといえます。

エリアを絞り込んで管理業務効率化を実現

県央道や外環、中央環状線などの高速道路を利用して、五反田にあるプラットフォーム株式会社本社から1時間30分以内で通える距離に営業エリアを絞り込んでいます。このように範囲を絞り込むことによって、管理物件でトラブルがあった際にも迅速な対応を可能にしています。 また、業務効率化で経費をおさえて、その分をお客様に還元するのが、プラットフォーム株式会社の経営スタイル。管理手数料は一律3,000円(税込)です。

空き家再生に特化したリフォーム業者が施行

プラットフォーム株式会社は、不動産事業・建設事業の会社です。そのため、空き家再生に特化したリフォーム業者が施行します。空き家を活用した不動産投資の成否を決めるのは「本当に入居者が必要な設備を導入して、最大の費用対効果を実現する」にかかっています。

汲み取り式のトイレを水栓トイレに交換することや、カビが生えた床や壁紙を張り替えるリフォームは必要な工事になりますが、キッチンのグレードは最大級のグレードである必要はありません。また、再利用できる建具はそのまま利用するなどして、リフォーム代金を最小限に抑えて、空き家再生を実現します。そのため、初期費用を抑えることができて、高い利回りを実現することができるのです。

リフォームの設計・施工力の高さも魅力的。実際のリフォームのビフォーアフターが気になる方は、ぜひ、プラットフォーム株式会社に問い合わせをして確認してみてください。

プラットフォーム株式会社の空き家投資の魅力


空き家投資の戦略を持ち注目を集めているプラットフォーム株式会社ですが、実際にお話をお伺いして感じた魅力をご紹介します。

空き家投資の情報に透明性がある

運用が開始さ れている物件情報について質問をすれば具体的に教えてもらえます。初期費用や入居率など気になることがあれば、気軽に相談できる雰囲気。 また、空き家投資の施工事例も豊富に持っており、リフォーム工事を行う上での苦労した話なども聞けました。著者も投資を楽しんでいますが、その中でも、メリット・デメリットを具体的に話してくれる透明性がある会社だと思いました。

担当者も自社物件の投資をしている

自社商品のことを1番理解しているのは社内のスタッフだと思いますが、プラットフォーム株式会社のスタッフ自身も、自ら築古空き家を取得し、不動産投資を行っております。高い利回りを実現できる物件であれば、投資しない理由はありませんが、本当に良い商材だと思っているからこそ自ら投資をしているのでしょう。
今回、実際にお話をお伺いして感じたことは、自社サービスに誇りを持っている担当者がプラットフォーム株式会社にはいるということを肌身で感じました。

投資をしながら社会貢献ができる

プラットフォーム株式会社が手掛ける空き家投資は、シングルマザーや生活保護者、外国人労働者など住宅確保要配慮者をターゲットにした物件運用です。 繰り返しになりますが、住宅確保要配慮者は公営住宅などの賃料が安い部屋で、駐車スペースやペット飼育、広い部屋など諸条件を諦めながら暮らしている現状です。 そのような方々にリフォーム済みの戸建を貸すことによって、これまでにない豊かな暮らしを提供できます。定期的な家賃収入を得られるだけではなく、借主からも喜んでもらえて、社会貢献にもつながる投資方法です。

プラットフォーム株式会社の空き家投資の流れ

これから不動産投資を始めようと思ったサラリーマンの中には、プラットフォーム株式会社の空き家投資に興味を持った方もいるのではないでしょうか?ここでは、空き家投資の流れを簡単にご紹介します。

・面談、物件内見
ご相談者の年収や資産背景などをお伺いして、条件に当てはまる物件をご紹介。どのようにリフォームをしていけば、収益が出るかなど具体的な提案も受けられます。希望があれば、物件の内見を行います。

・買付申込書の提出
物件購入の意思が固り次第、売主であるプラットフォーム株式会社へ買付申込書を提出します。

・各種の契約を締結
不動産売買契約・リフォーム工事請負契約・賃貸管理委託契約を締結します。

・工事着工
各種契約締結後に、空き家の再生リフォーム工事を開始。工事着工から完了までの工期は、物件の傷み具合にもよりますが、概ね2週間から2ヵ月程度です。

・入居者募集開始
工事期間中に入居者募集を開始します。物件を気に入った入居希望者の中には、工事期間中に申込みをいただくこともあります。

・リフォーム工事完工
物件オーナーに内見をしていただき承諾を得られれば、リフォーム工事は完了です。

・入居開始
工事完了後に、実際に借主の方が入居します。リフォーム工事完工の翌日には入居している事例もあるようです。

・家賃送金
物件オーナーの指定口座に毎月10日に家賃送金されます。

空き家投資に興味がある方はプラットフォーム株式会社へ

今回、プラットフォーム株式会社が主催する空き家投資のセミナーに参加をしてきました。

正直、さまざまな投資詐欺被害が増えているため、商材が売り込まれてしまうのではないかと懸念していましたが、プラットフォーム株式会社は新たなビジネスモデルと真摯に向き合っていて「投資家の方に有益な情報を届けたい」「住宅確保要配慮者に新しい住まいの提案がしたい」という情熱が伝わってきました。

セミナーに参加をして得られる情報、質問することによって得られる情報は、透明性があります。また、従業員が自社物件を購入して投資をしているという姿勢に驚きました。自社商品やサービスが好きな従業員からは、商品を購入してみたいと思うのは著者だけではないはずです。

プラットフォーム株式会社が主催するセミナーは定期的に開催されており、参加費は無料です。 不動産投資の1つの選択肢として話を聞いておくことに損はないでしょう。ぜひ、この記事を 読んで、興味を持った方は話を聞きに行ってみてください。

商号:プラットフォーム株式会社
住所:東京都品川区西五反田1-11-1 アイオス五反田駅前504
電話:03-5759-6656
URL:https://www.plfo.co.jp/

プラットフォーム株式会社の空き家投資のセミナーの申込みはコチラから

無料メールマガジン