笑顔のシニア夫婦

医療技術の発展により寿命が伸びて、長生きする人が増えています。人生100年時代が到来すると言われており、このような背景を基に開発した新たなIoT賃貸経営が注目を浴びています。それが「シニアテックマンション」です。

株式会社シーラが提供する「シニアテックマンション」入居率は99.8%を実現。他社との差別化で高い利回りを実現できる賃貸経営として、不動産投資家から注目を浴びています。

この記事では、大きな注目を浴びる「シニアテックマンション」のサービス内容について分かりやすく解説します。

シニアテックマンションとは

シニアテックマンションとは、24時間体制の見守りサービスとアクティブシニアのためのバリアフリーを提供しているIoTマンションのことをいいます。入居者の状態を感知して、必要があれば、介護資格を持ったコンシェルジュとビデオ通話が可能です。また、緊急性が高いと判断された場合は、ドクターが現地へ訪問して救急診療を行います。

足腰の調子が悪くなっても過ごしやすいバリアフリー設計となっており、アクティブシニアが過ごしやすい賃貸物件として注目を浴びているのです。

IoTマンション「シニアテックマンション」は、アクティブシニア・マンションオーナー・マンション管理の要望を実現するサービスとなっています。

アクティブシニア
  • 介護は必要ないけれど、病気や怪我に対する不安を抱えている
  • 子供に迷惑をかけずに、自立した暮らしを送りたい
  • 高齢者でも借りられる部屋を探している
マンションオーナー
  • 先行きが不透明な中で、賢く資産運用を行いたい
  • 高い入居率を誇る賃貸経営で安定した資産運用を行いたい
マンション管理会社
  • 高齢者の方の住まいの希望を叶えてあげたい
  • 万が一の事態の場合に責任が持てない
  • IoTマンションに適切な設備が分からない

シニアテックマンションの6つの機能

24時間体制の見守りサービスを提供するシニアテックマンションとは、どのような見守り機器を導入すれば実現することができるのでしょうか?ここでは、シニアテックマンションを実現する見守り機器とスマートホーム機器を活用した機能をご紹介します。

1.家電操作の自動化
  • 室温や照明の明るさに連動して家電を自動操作する
  • アプリケーションを活用して架電を遠隔操作する
2.緊急連絡
  • ナースコールのボタンを押すとコールセンターにつながる

(※寝室・トイレ・洗面所の3箇所に取り付けることが推奨されている)

3.扉開閉の検知
  • 玄関扉に設置をして、開閉をセンサー検知して外出・帰宅を把握する
4.睡眠センサー
  • 心拍数や呼吸数を検知して、これらの数値が停止した場合はコールセンターにつながる
5.人感温度
  • 在室中に長時間動きがない場合はコールセンターにつながる
  • 温度や室温を検知して、快適な湿度・温度に調整する
6.スマートホーム
  • AIスピーカーと連動させて、家電が動かせる
  • 自動で開閉できるカーテンレールも登場

※防犯カメラを活用して、廊下での転倒などを見守ることも推奨されていますが、入居者のプライバシー保護の問題もあるため、良く考慮をした上で防犯カメラの導入を検討してください。

シニアテックマンションのメリット

アクティブシニア向けのIoTマンション「シニアテックマンション」で賃貸経営を始めれば、どのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、シニアテックマンションのメリットについて分かりやすく解説します。

競合物件との差別化を実現

女性向けマンションや、外国人向けマンションなど差別化された賃貸物件はありますが、アクティブシニア向けの賃貸物件は市場に回っていません。アクティブシニアの方は、さまざまな分野で活躍する方のことをいいますが、突然の病気や怪我の不安は拭えません。しかし、介護施設に入居するほどでもないと思っています。

このようなアクティブシニアの生活を支援できるのが、24時間体制の見守りサービスを提供するIoTマンション「シニアテックマンション」なのです。アクティブシニアの生活支援を行う賃貸物件として競合物件との差別化が実現できます。

安定した資産運用を実現

アクティブシニアをターゲットにした賃貸物件は少ないです。その一方で、国内の高齢者の割合は増加の一途を辿っています。総務省「今後の高齢者人口の見通し」では、65歳以上の高齢者の人口は、2025年に3,657万人(30.3%)、2055年に3,626万人(39.4%)とピークを迎えると予測されており、3人に1人がアクティブシニア層の高齢者になるのです。

入居対象となる高齢者は多くいるため、賃貸経営を行う上で、空室が発生しにくくなります。IoTマンション「シニアテックマンション」で、安定した資産運用を実現することができるのです。

フレキシブルな価値を実現

シニアテックマンションは、フレキシブルな価値を実現します。例えば、両親が高齢となり、介護が必要ではなくても、突然の病気や怪我が起きないか不安に感じることも出てくるでしょう。このような場合は、両親にIoTマンションに住んでもらえば良いのです。また、老後にシニアテックマンションに暮らす方法もひとつでしょう。

また、高齢化に伴う介護の不安は、誰もが抱えるものです。そのため、不動産会社に依頼をしなくても、知人の紹介など入居者が見つかりやすいことも、IoTマンション「シニアテックマンション」の魅力です。

補足:シニアテックマンションが求められる背景

IoTマンション「シニアテックマンション」は、最新設備を搭載した賃貸物件ではありますが、時代背景に見合った賃貸経営方法なのです。最後に、シニアテックマンションが求められる背景を把握しておきましょう。

高齢者向け市場は拡大

総務省「今後の高齢者人口の見通し」では、65歳以上の高齢者の人口は、2025年に3,657万人(30.3%)、2055年に3,626万人(39.4%)とピークを迎えると予測されています。また、単身高齢者も増加の一途を辿っており、高齢者向け住宅の市場は拡大しています。

現状の高齢者向け住宅は入居費が高い

しかし、高齢者向け住宅は、介護付き老人ホームや住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホームなど要介護者向けに作られたものしかありません。これらの入居費は高く、アクティブシニアのニーズを叶えられるものではありません。

高齢者向けの賃貸物件が少ない

高齢者の孤独死のリスクがあるため、高齢者には物件を貸したくないというマンションオーナーも多いです。また、保証人が付けられず、年金暮らしの高齢者に賃貸物件を貸したくないと考えるマンションオーナーも多いです。このような問題を解決するのが、シニアテックマンションなのです。

シニアテックマンションで投資を始めよう

頼りになる不動産業者
今回は、24時間体制の見守りサービスが付与されているIoTマンション「シニアテックマンション」の魅力をご紹介しました。最後に、シニアテックマンションが注目を浴びる理由をおさらいしておきましょう。

【シニアテックマンションが注目を浴びている理由】

  • 高齢者向けの住宅市場は拡大をしている
  • 競合物件との賃貸経営で差別化が行える
  • フレキシブルな価値をもたらす賃貸物件である

さまざまな業種でDXが叫ばれていますが、不動産投資でもAIやIoT活用が注目を浴びています。これらを上手に活用していけば、高利回りを実現できたり、空室率の回避ができたりします。
これから不動産投資を始めようと思っている方は、新しい不動産投資方法について勉強をしていきましょう。最新情報は書籍よりもセミナーがタイムリーでおすすめです。

これから投資を始める人の不動産投資セミナー

不動産投資に興味をもったら、セミナーへの参加をおすすめします。
有益な情報は投資家同士や不動産会社とのつながりの中で連携されていることが多く、成功大家さんが講師の場合は、著書では書き残すことができないような、セミナーだけで教えてもらえるマル得情報があったりもします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事