そびえ立つマンション

不動産投資で物件選びする際は、年間の家賃収入を想定することも大切ですが、出口戦略を練ることも大切です。「数年後に投資物件を売る際は、どれぐらいで売ることができるのだろう…?」と分かれば、不動産投資に役立ちます。

ここでは、出口戦略を練る上で活用したい不動産AI査定についてご紹介します。どのように活用するサービスであるかを理解しておくことで、不動産投資を有利に進めていくことができるはずです。ぜひ、無料で利用できるサービスのためお試しください。

不動産AI査定とは

不動産査定もAIで実施できるようになりましたが、一般的な不動産業者の査定との違いはあるのでしょうか?ここでは、不動産AI査定について分かりやすく解説します。

そもそもAIとは

AI(Artificial Intelligence)は、学習や推論、判断などの人工知能を持つコンピューターシステムのことをいいます。

新しい技術である機械学習(コンピュータが大量データを学習し、分類や予測などタスクを遂行するアルゴリズムやモデルを自動的に構築する技術)によって、精度が高い推論が行えるようになり、空前のAIブームが到来しています。このようなAIを活用した不動産AI査定が登場しました。

不動産AI査定の項目

不動産AI査定の項目は、不動産会社の査定時に利用される査定項目と基本的に同じです。物件の所在地や築年数等の項目で査定していきます。各サービスによって、入力項目が異なってきます。高精度な査定を希望したい方は、入力項目数が多いサービスを利用しましょう。

AI査定と不動産業者査定の違い

AI査定は、過去の類似物件の取引実績を参考にして査定します。首都圏や五大都市などであれば、取引実績の情報収集ができるため、不動産業者の査定と同等、それ以上の精度の高い査定が見込めるでしょう。

しかし、地方など不動産取引実績が少ない場所では、AI査定で希望する精度の査定は見込めません。そのため、地方の不動産査定をしたい場合は業者を利用しましょう。しかし、将来的には地方の不動産査定でも、AI査定が利用できるようになるでしょう。

不動産AI査定のメリット

不動産AI査定が誕生しましたが、どのように有効活用すれば良いのでしょうか?どのようなシーンに使うと便利なのでしょうか?ここでは、不動産AI査定のメリットについて解説します。

気軽に査定価格を調べられる

不動産査定を行いたい理由は人それぞれです。不動産業者に査定依頼をする程ではなくても「現在、住んでいる家はどの程度で売れるのだろうか…?」「投資物件として価値が見込める物件か…?」と気軽に調べたい方もいるでしょう。

不動産AI査定であれば、インターネット上で気軽に査定価格を調べることができます。物件や住所、など必要項目を入力するだけで調べられるので簡単です。

匿名希望で査定が行える

不動産AI査定サービスを利用する場合は、メールアドレスの登録が必要です。しかし、氏名・住所・電話番号などの個人情報は登録せずに利用できるため、匿名で不動産査定が行えます。

離婚や財産分与等を検討していて、個人情報を外部に漏らしたくないとお考えの方も安心して利用することができます。

不動産会社の営業が来ない

不動産査定一括見積もりサイトを利用すると、複数の不動産会社から営業がかけられて不安に感じる方もいます。そのため、個人情報を不動産会社に教えたくないという方もいるでしょう。

不動産AI査定は匿名希望で査定が行えるため、不動産会社の営業が来る心配もありません。そのため、不動産会社からの営業電話を避けたいという方におすすめの査定方法です。

不動産AI査定のデメリット

不動産AI査定のメリットについて解説しましたが、デメリットもあるため注意してください。次に、不動産AI査定のデメリットについて解説します。

物件の特徴まで把握できない

不動産は、類似物件は存在しません。類似点が多いマンションでもリフォーム歴があるかないかで査定額は変わってきます。そのような細かな特徴までAI査定では把握できません。

売却価格と差額が生まれる

不動産会社は、新たな売却物件が出たら配信をして欲しいと希望する物件購入者と繋がっています。そのため、売主が希望する販売価格を尊重しながら、物件を売ることができて、査定価格と販売価格にズレが生じにくいです。

その一方で、AI査定は、過去の取引金額を参考にして査定額を算出します。そのため、実際に売却できる価格とズレが生じてしまう恐れもあります。

一戸建ての査定には不向き

不動産AI査定が行えるサイトには「マンションナビ」「マンションAIレポート」があります。このようにマンション向けのAI査定は多数ありますが、一戸建ての査定は少ないです。その理由は、戸建てで類似事例を探すのが難しいことが挙げられます。

例えば、同じ市内にある戸建てでも「市街化区域」「市街化調整区域」によって、査定額は変動します。このような詳細項目をAIに学習させることは難しいため、一戸建ての査定には向きません

不動産AI査定が行えるおすすめのサービス

不動産AI査定の特徴について理解して頂けたと思います。実際に、不動産AI査定が行えるおすすめサービスをご紹介します。

IESHIL(イエシル)

(出典元:https://www.ieshil.com/)

約9,000万件と膨大な物件データが蓄積されており、高精度なAI査定サービスと注目を浴びているIESHIL(イエシル)。

蓄積されているデータには、一般的な定量情報だけではなく、アクセス環境・治安・子育てのしやすさなどの定性情報も含まれています。そのため、多角的に不動産価格を査定できるサービスとして評判を集めています。

マンションナビ

(出典元:https://t23m-navi.jp/)

会員登録をしなくても利用できる不動産AI査定サービスです。間取りや築年数のセグメントで、高精度な不動産査定が行えます。また、過去3年間のマンション価格推移や、過去の売却事例が出てきます。

会員登録をすれば、面積や階数まで詳細情報を入力できるよりなるため、更に詳しい査定が行えます。不動産AI査定サービスが、どのようなものであるかを知りたい方は、登録せずに利用できるため、マンションナビでお試しください。

マンションAIレポート

(出典元:https://sre-realestate.com/mansion_ai_report/)

マンションAIサポートは、ソニー株式会社のAI技術とSRE不動産の査定技術を組み合わせて開発したAI査定サービスです。1980年以降のマンション情報を大量に保有しているため、1都3県のマンション推定価格であれば、高精度な査定ができます。SRE不動産の自社調査によると、実際の相場との差額は62.7%だったとのこと。

不動産査定でAIを活用してみよう

家の模型と虫眼鏡
不動産AI査定には、各物件の詳細情報を反映できないなどのデメリットはありますが、匿名で利用できる等の気軽さのメリットもあります。そのため、不動産投資で物件選びを行う際に活用してみてください。

人工知能の機会学習で精度が上がってきており、今後、益々と便利になっていく機能です。そのため、どのようなサービスであるか試してみましょう。また、不動産テックのサービスは続々と登場してきています。これらのサービスを活用すれば、不動産投資を有効に進めていけるはずです。不動産投資セミナーに参加して積極的に情報を取りに行きましょう。

これから投資を始める人の不動産投資セミナー

不動産投資に興味をもったら、セミナーへの参加をおすすめします。
有益な情報は投資家同士や不動産会社とのつながりの中で連携されていることが多く、成功大家さんが講師の場合は、著書では書き残すことができないような、セミナーだけで教えてもらえるマル得情報があったりもします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事