感染症対策の不動産テック

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、非接触ビジネスが推奨されていますが、それらを叶えられるツールとして「maneKEY」が注目を浴びています。それだけではなく、民泊経営の業務効率化や生産性向上の効果も見込めるのです。

果たして、非接触チェックインを実現するAIツール「maneKEY」とは何なのでしょうか?この記事では、非接触チェックインツール「maneKEY」の魅力について分かりやすく解説します。

「maneKEY」とは

(出典元:https://www.manekey.com/)

非対面チェックインツール「maneKEY」は、民泊経営のチェックイン手続きを実現するためのデジタルツールです。Withコロナ/Afterコロナで注目を浴びる「非対面での新しいビジネス様式」に寄与するツールとして注目を浴びており、主な機能は「AI」「クラウド」「IoT」です。

AI
  • パスポートの自動読み取り・本人認証を実現する
クラウド
  • 宿泊台帳とパスポート情報はクラウド上で保管
  • 必要な情報を瞬時に取り出せる情報管理が実現できる
IoT
  • スマートロックとの連携も可能
  • 宿泊者へのルームキーの受け渡しも作業レス化を実現

「maneKEY」を開発した会社は、株式会社電緑。電緑は、ソフトバンクテクノロジーの100%子会社です。ソフトバンクテクノロジーは、これまでも画期的なITツールを数々と開発して魅了してきた開発会社のため「maneKEY」にも大きな注目が集まっているのです。実際に、さまざまなメディアでも取り上げられています。

チェックインまでの流れ

非接触チェックインツール「maneKEY」の流れは以下の通りです。

1. 予約情報を確認する


宿泊客から、宿泊の申込みがあった際に通知が届くので、予約情報を確認します。予約情報には、チェックイン手続きに必要な基本情報やパスポートが添付されており、承認するだけで、チェックイン手続きが終わります。

2. 定形文のメールを送信する


定形文のメールが送れる機能が搭載されているため、予約の承認としてメールを送信します。

3. QRコードの発行


定形文のメールを送信後に、宿泊者にQRコードが発行されます。

4. QRコードでチェックインする


宿泊者は、maneKEYで発行されたQRコードをかざしてチェックインします。

5. 本人認証


宿泊者の顔をAIで検知して、パスポートの顔写真と同じ人物であるか審査をします。審査の結果、本人認証が認められたらルームキーが発行されます。

6. 宿泊


宿泊者は、ルームキーを使用して施設内に入ります。

参照:株式会社電縁 スマートチェックインシステム「maneKEY(マネキー)」|サービス紹介より

「maneKEY」のメリット

非接触チェックインツール「maneKEY」を導入すると、どのような効果が得られるのでしょうか?ここでは「maneKEY」のメリットについて分かりやすく解説します。

人材不足の解消

外国人向けに民泊経営を始めるにあたり、問題となるのが外国語を話せる人材を採用することです。民泊経営で高い収益をもたらすためには、英語だけではなく、中国語にも対応できた方が良いでしょう。

しかし、英語と中国語に理解がある人材を採用するのは、難易度が高いです。また、人材コストも高くなってしまいます。

このような問題を解決できるデジタルツールが「maneKEY」です。「maneKEY」は、英語と中国語に対応しているため、お客様に円滑なチェックインサービスを提供することができます。

インバウンド対応

新型コロナウイルス感染拡大前までは、訪日観光客の数は増え続けていて、インバウンド対応することでビジネスの機会が得られると言われていました。しかし、外国人向けの民泊経営では、英語や中国語でのコミュニケーションをしなければいけないこともあるため、なかなか対応しづらいという問題が発生していたのです。

しかし、「maneKEY」を導入すれば、宿泊申込時に必要な情報を入力してもらえて、パスポートの顔写真と本人の顔をAIで照らし合わせて、本人認証するだけ。コミュニケーションの不安を抱えることなく、施設を貸し出すことができるのです。インバウンド対応の民泊施設と謳えば、他の施設より優位となり、宿泊者の集客に役立ちます。

コスト削減

外国人向けの民泊経営を行うために、多言語が話せる人材を採用したり、民泊経営をサポートしてくれるサービスを利用したりする方もいます。このような方法でも、民泊経営は行えますが、経費の負担が大きくなり、高い利回りを実現することができません。非

接触チェックインツール「maneKEY」は、契約件数にもよりますが、1回500円で利用できます。とてもリーズナブルな価格で利用できるため、民泊経営で高利回りを実現したい方におすすめのツールとなっています。(※初期費用として、タブレット端末代(3万8,000円)が別途かかります。)

生産性の向上

民泊経営を行うオーナーの中には、宿泊客1当たりの受付に時間が掛かっていることが多いです。外国語で対応をしなければいけないことも挙げられますが、民泊経営では、法律に沿った正規の手続きを踏まなければいけません。

しかし、非接触チェックインツール「maneKEY」では、宿泊希望者に対して、事前登録の案内をメッセージで送信できます。宿泊希望者は、事前登録画面で必要事項を登録し、国外居住者はパスポートを提出。

これらの情報入力を確認できた後に、カードキーを発行する仕組みとなっており、民泊経営オーナーは承認ボタンを押すだけで済みます。そのため、民泊経営のチェックイン手続きの業務効率化が行えます。

感染症対策

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ソーシャルディスタンスを気にされる方が増えました。ソーシャルディスタンスを気にする宿泊客は、不要な接触を可能な限り減らしたいと思っており、感染症リスクを軽減したいと思っています。

そのため、ソーシャルディスタンスに取り組み、感染症対策を実施している宿泊施設である旨を伝えることで集客にも寄与します。

安全な事業展開

新型コロナウイルス感染拡大によって、海外渡航が制限されて、インバウンドが見込めない時期が続いていますが、将来的に海外渡航が解禁されるようになり、民泊事業の需要も回復していきます。そのような状況に戻った場合でも、施設での感染症対策は必須となります。

実際に、民泊事業を検討されているオーナーは、設計者や施行者に対して、コロナ対応の新たな提案を求めている現状です。「maneKEY」を導入すれば、非対面で「チェックイン手続き」「宿泊カードの記入」「カードキーの受け渡し」が行えるようになるため、安全な民泊経営が行えるようになります。

民泊事業で活用できるテクノロジーをチェックしよう

今回は、民泊の非接触チェックインツール「maneKEY」の魅力についてご紹介しました。最後に「maneKEY」を導入するメリットについておさらいをしておきましょう。

【maneKEYを導入するメリット】

  • 人材不足の解消ができる
  • インバウンド対応が行える
  • 民泊経営のコストを削減できる
  • 生産性の向上が見込める
  • Withコロナ/Afterコロナで感染症対策ができる
  • 安全な民泊経営が行える

AIやクラウド、IoTなどのテクノロジーを活用していけば、民泊経営の業務効率化や生産性向上が見込めます。これからは、不動産投資を始めるオーナー様には、テクノロジーに関する知識が求められる時代となります。

そのため、民泊経営で収益を上げて、高い利回りを実現したいと思っている方は、AIやIoT、クラウドなどのサービスに注目するべきです。セミナーに参加をしてWithコロナ/Afterコロナ時代に勝てる不動産投資を学びましょう。

これから投資を始める人の不動産投資セミナー

不動産投資に興味をもったら、セミナーへの参加をおすすめします。
有益な情報は投資家同士や不動産会社とのつながりの中で連携されていることが多く、成功大家さんが講師の場合は、著書では書き残すことができないような、セミナーだけで教えてもらえるマル得情報があったりもします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事