不動産投資ローン

不動産投資ローン

「不動産投資を始めるためにローンを借りたいけれど、どこの銀行が良いのだろう…?」と疑問に感じている方もいるでしょう。また、不動産投資ローンを借りる場合は、住宅ローンとの違いを把握しておかなければ、事業が失敗してしまうかもしれません。

そのため、正しい知識を身に付けておきましょう。ここでは、不動産投資ローンの基本情報から、不動産ローンが借りられる金融機関についてなどまとめてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

不動産投資ローンとは

不動産投資ローンとは、その名前の通りで、アパート経営やマンション経営のために、金融機関から受けることができる融資の名称です。不動産投資ローンと聞くと、住宅ローンを想像する方もいますが、2つのローンは全く違うものです。

不動産投資ローンは、ビジネス的なローンになるため「少ない自己投資金額で高い利回りを得る」ということが可能になります。

不動産投資ローンのメリット・デメリットとリスクは?不動産投資ローンには、住宅ローンとは異なるメリットやデメリット、リスクがあります。不動産投資による資産運用を始める前に、ローンについての基礎知識を抑えておきましょう。...

不動産投資ローンと住宅ローンの違い

物件購入をする際のローンには、不動産投資ローンと住宅ローンの2種類がありますが、審査基準や金利などが大きく異なります。不動産投資ローンを借りる前には、これらの違いを理解しておかなければ、不動産投資は失敗に終わってしまうかもしれません。そのため、正しい知識を身に付けましょう。

不動産投資ローンと住宅ローンについて、具体的にどのような違いがあるのかは、次の7つのポイントを押さえておきましょう。

  1. 借入目的の違い
  2. 審査基準の違い
  3. 返済原資の違い
  4. 借入金額の違い
  5. 金利の違い
  6. 返済期間の違い
  7. 年齢上限の違い
不動産投資ローンと住宅ローンの違い不動産投資におけるローンは、住宅ローンとは別物です。同じものだと思い込んでいる方が多く、不動産投資を始めるときに最も躓きやすいポイントとなっています。この記事では、不動産投資ローンと住宅ローンの違いについて、両者を比較しながら7つの違いについて解説していきます。...

不動産投資ローンで失敗しないために

不動産投資を始めるための物件は、購入するのに数千万円〜のお金がかかるのが一般的です。自己資金でまかなうのは難しいため、不動産投資ローンを組んで始める方が多いのですが、「不動産投資に失敗してローンを返済できなくなったらどうしよう」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか?
不動産投資ローンで失敗するパターンも覚えておきましょう。

不動産投資ローンで失敗する3パターン【成功するポイントを解説】不動産投資はローンを組んで始めるのが一般的ですが、不動産投資に失敗してローンを返済できなくなったらどうしようと不安になるのではないでしょうか?この記事では不動産投資ローンでよくある失敗と成功するために気を付けるポイントを解説していきます。...

不動産投資ローンを借りる流れ

不動産投資ローンはどのように借りるのでしょうか?まずは、不動産投資ローンを借りる流れを簡単に覚えておきましょう。

  1. マンション購入契約時に、販売会社の担当者と「重要事項説明書」を確認します。
  2. 重要事項説明書で問題がなければ「契約」へ。
  3. 契約後、銀行との面談を行ってローン契約を締結します。
  4. 融資決定となれば融資実行がされ、残代金の支払いと同時に、所有権・登記を移す手続きが行われます。
  5. 1ヵ月以内に権利書が届き、マンションオーナーとなります。

上記の流れになるため、不動産会社がサポートしてくれることが多いです。そのため、不動産ローンを借りるのはとても簡単に行えます。

各銀行の不動産投資ローンを徹底比較

どこの銀行から借り入れるかによって、金利や手続きの複雑さは変わってきます。各銀行の不動産ローンを比較しながらご紹介します。

三菱東京UFJ銀行

メガバンクの三菱東京UFJ銀行の金利は1%前後となるため、トータル的な借入金額を抑えることができます。全国に支店があるため、幅広いエリアの物件が融資対象になり、投資家がどこに住んでいても、遠隔地の物件を購入することができます。

しかし、便利な反面で融資審査基準は最も厳しいです。属性においては、自己資金、過去3年間の年収、共同担保可能な不動産投資物件があることが必要条件となります。また、購入物件も確実に収益性が見込めることが求められるケースが多いです。

オリックス銀行

オリックス銀行はネット銀行を中心に展開していますが、不動産投資向けのローンに注力しており、地方銀行の金利並みの2.675%の金利で貸し出しを行っています。また、繰り上げ返済の手数料が無料や団体信用生命保険が用意されているなど、柔軟なサービスを提供しています。

地方銀行

長年、不動産投資を始める方が最初に選ぶ銀行として地方銀行が挙げられます。基本的な金利は4.5%前後です。少し金利が高いかもしれませんが、他行と比較すると長期的な借入が可能であり、キャッシュフローの面では他行には劣らないという点がポイントです。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行の不動産投資ローンは300万円~1億円の融資が可能です。金利は変動金利のタイプで2.95%~8.9%となっています。金利は他行と比較すると高くなってしまいますが、ネットで完結する手軽さがあります。金銭消費貸借契約も郵送で対応できるので、手軽なローンを探している方にはおすすめの銀行です。

日本政策金融公庫の金利相場

日本政策金融公庫とは、財務省所管の金融機関です。固定金利のみを取り扱っており、1.2~1.9%程度となっています。女性や高齢者への優遇措置を取っており、借入上限が引き上げられ、借入期間も通常10年のところ、15年まで引き上げられます。とても便利な金融機関ですが、居住地の最寄りの各支店に投資家本人が交渉しなければいけません。不動産業者に代行依頼することができないことを覚えておきましょう。

金融機関 変動金利 繰り上げ返済 特徴
三菱東京UFJ銀行 1%前後 全国展開のため遠隔地の物件も購入できるが、審査基準が難しい
オリックス銀行 2.675~3.675% 不動産投資ローンに注力しており、低金利や繰り上げ返済手数料が無料などの借入サービスが充実している
横浜銀行 3.7~4.7% 金利は高いけれど、長期的な借入ができる
住信SBIネット銀行 2.95%~8.9% 手続きがネットで完結できるという手軽さがある
日本政策金融公庫の金利相場 1.16~2.35% 金利は安いが、金融機関の交渉は自分で行わなければいけない
不動産投資ローンの金利の相場は?安く借りる方法は?マンション投資などに代表される不動産投資をするには、不動産購入のために数千万円〜数億円単位のお金が必要です。これだけの大金を自己資金で用...