はじめる

いくら必要?不動産投資の頭金の作り方

副業で頭金を稼ぐ男性

投資物件を購入するには多額の費用が必要なため、不動産投資を始める多くの投資家が融資を受けています。しかし、融資審査に合格するためにも、自己資金(頭金)は用意しておいたほうがいいでしょう。

果たして、どれぐらいの頭金を用意すれば良いのでしょうか?また、頭金を用意すれば、どのようなメリットが得られるのでしょうか?不動産投資を始める際には、頭金の必要性について理解しておき、事前に用意しておきましょう。

ここでは、不動産投資を始めるために、頭金はいくら用意すべきなのか解説します。ぜひ、これから不動産投資を始めようと思っている方は、この記事を参考にしてみてください。

不動産投資の頭金はいくら用意するべき?

家の模型と電卓
不動産投資を始めるにあたり、どれぐらいの自己資金(頭金)を用意しておけば良いのでしょうか?ここでは、不動産投資の頭金をいくら用意すればいいか解説します。

頭金は物件価格の3割が目安

不動産投資ローンの融資審査は、申込者の年収・勤務先・年齢などの属性と物件の担保価値によって、審査の通過率は変わってきます。

一般的に購入金額の20%の自己資金(頭金)を用意できると、融資審査が通りやすいです。この購入金額は諸経費を合わせた金額のため、物件価格のみで考える場合は、3割程度を自己資金で用意しておくと安心できます。

不動産投資ローンの借入可能額

不動産投資ローンは、申込者の属性だけではなくて物件の担保価値も加味されます。一般的な住宅ローンは、申込者の年収の5倍程度の借入しかできませんが、不動産投資ローンは年収の10倍程度まで融資が受けられるのです。このように年収の10倍となる金額が借入可能なため、不動産投資を始めるサラリーマンが増えています。

補足:フルローンは総返済額が増える

不動産投資ローンは、物件の担保価値も融資審査の基準に加味されるため、自己資金がない方でも審査に通過するケースもあります。そのため、頭金が用意できない場合は、フルローンで不動産投資を始めることもできるのです。

しかし、フルローンで不動産投資を始めてしまうと、金利が高く設定されがちで総返済額が増えてしまいます。ローンの金利が高いと、不動産投資で高い利回りを実現することができず、経営を逼迫させてしまいかねません。そのため、不動産投資を始める前には、物件価格の3割程度の自己資金を用意しておきましょう。

不動産投資の頭金を作るべき理由

不動産投資を始めるには、物件価格の3割程度の頭金を用意しておくべきと説明しました。フルローンでも不動産投資を始めることができますが、なぜ、頭金を用意するべきなのでしょうか?ここでは、不動産投資の頭金を用意するべき理由について解説します。

金融機関の審査が通りやすくなる

不動産投資ローンの融資の審査基準として、自己資金(頭金)もチェックされます。そのため、多くの頭金を用意しておくことで融資審査に通過しやすくなるのです。

一般的に、希望する融資金額が物件価格の9割を超えてしまうと、融資審査が厳しくなり通貨できなくなる確率が高くなります。そのため、融資審査を通過するためにも、頭金を用意しておきましょう。

不動産投資ローンの金利が下がる

申込者の属性や物件担保価値によっては、フルローンも使用できます。しかし、フルローンを使用する場合は、返済が滞る可能性が高いと見なされる傾向があり、金利が高く設定されてしまうのです。その一方で、頭金を用意しておけば、計画的に貯蓄ができる人とみなされて、金利も低く設定してもらえます。

毎月の総返済額が減る

不動産投資の頭金を用意しておけば、金利を下げてもらえると説明しました。不動産投資ローンは0.1%変わるだけで、総返済額が変わります。

例えば。3,000万円の投資物件を購入する場合、金利が0.1%上昇すると毎月1,500円程度支払総額が増加します。35年間に換算すると60万円も差が発生してしまうのです。そのため、総返済額を抑えるためにも、頭金を用意しておきましょう。

不動産投資の頭金の作り方

通帳に残高が増えていく
不動産投資ローンの融資審査に通過したり、金利を抑えるたりするためにも、頭金を用意しましょう。実際に不動産投資の頭金はどのように作れば良いのでしょうか?ここでは、不動産投資の頭金の作り方について解説します。

家計簿を見直す

家計簿を見直すことで、毎月の貯金額をアップさせることができます。家計簿を付けるときは、食費や生活費など細かい金額を把握することよりも、家計全体の支出を見直すことが大切です。

毎月一定額を支払わなければいけない固定費(家賃・水道光熱費・通信費・生命保険料)を見直して、何が大きな割合を占めているのかを把握してみてください。そして、削減できる固定費は削減しましょう。固定費を削減することで、無理なく毎月の貯金額をアップすることができます。

積立定期口座を開設する

貯金が苦手な方は、積立定期口座を開設しましょう。積立定期預金は、毎月一定額を定期預金口座に積み立てていく金融商品です。金融機関によっては、1,000円単位で積み立てていくことができます。

一定期間が過ぎれば、自由に預金を引き出すことができるため、不動産投資ローンの自己資金を蓄える目的で開設する人も多いです。

借入条件を見直して利息負担を減らす

住宅ローンや自動車ローンを借りている方は、借入条件を見直して利息負担を減らしてみましょう。ローンを組んで金利を見直したことがない方は、当時の金利より低い金利の金融商品が登場しているかもしれません。

金融機関のローンの借り換えには、審査が必要になりますが、利息負担を減らすことができれば、毎月の貯金額をアップさせることができます。

副業をして世帯年収を増やす

時間に余裕がある方は、副業で収入を増やすことに挑戦してみましょう。毎月の貯金額を上げるための基本的な原則は「収入>支出」にすることです。勤務先の給与を上げることは、なかなか難しいですが、副業で副収入を得ることは、さほど難しくありません。

近頃は、クラウドソーシングサービスで副業を探すことができるようになりました。そのため、不動産投資の自己資金を貯めたいと思っている方は、副業を始めてみましょう。

各種控除や制度を活用する

自己資金を増やすために貯金をしたい方は、所得控除制度を積極的に活用してみましょう。

例えば、年間10万円以上の医療費を支払っている人は「医療費控除」、生命保険に加入している方は「生命保険料控除」を活用すれば、所得税や住民税の税負担を抑えることができます。

また、節税目的で「個人型確定拠出年金」や「つみたてNISA」で貯金する人も増えました。ぜひ、自己資金のために貯金額を増やしたい方は、各種控除や制度を活用してみましょう。

少しでも総返済額を安く抑えて不動産投資を成功させる

マネーセミナーに参加して学ぶ人達
今回は、不動産投資を始める上で、いくら頭金を用意するべきかについて解説しました。不動産投資はフルローンで始めることもできますが、自己資金を用意していないと返済能力があると見られにくく、金利が高く設定されてしまいがちです。

融資の金利が0.1%変わるだけでも、ローンの総返済額は変わってくるため、少しでも総返済額を安く抑えたい方は、自己資金(頭金)を用意するようにしましょう。

また、頭金の作り方はさまざまな方法があります。そのため、不動産投資の頭金が貯められない人は、マネーセミナーなどに参加をして頭金の作り方から学んでみてください

【PR】おすすめマネーセミナー

セミナー情報ドットコムでおすすめマネーセミナーを探す

マネーセミナーとは、老後の生活資金を貯めたい方や子供の教育費を貯めたい方など、さまざまな理由で資産を増やしたいと悩んでいる方に対して、どのように資産を増やしていけば良いのかを教えてくれる講座です。

少額からはじめる空き家不動産投資の秘訣