不動産テックとは?不動産オーナーに役立つサービスが続々登場

AIやIoTなどのテクノロジー技術の進化に伴って、「不動産×テクノロジー」を活用したサービスが続々と登場しています。これらは、不動産会社が活用するためだけのサービスではありません。

不動産オーナーにも役立つサービスが続々と登場しています。上手に活用していけば、高利回りの賃貸経営が実現できます。そのため、不動産投資で収益を得たい方や安定した資産運用をしたい方は、不動産テックサービスの情報を収集して上手に活用しましょう。

この記事では、不動産テックとは何かの基本から、不動産投資を検討されているオーナー様が実際に利用できるサービス情報まで分かりやすく解説します。

不動産テックとは何か

不動産テックとは「不動産×テクノロジー」の略語であり、テクノロジーを活用して、不動産業界が抱えている課題や従来の商習慣を変えていくための仕組みのことをいいます。インターネットやデジタルツールを導入して、業務効率化や生産性向上を高めていくだけではなく、不動産ビジネスを変えることにフォーカスされているものです。

例えば、24時間体制の見守りサービスが提供されている全く新しい賃貸物件の「IoTマンション」、少額から不動産投資を始められる「クラウドファンディング」などは、不動産テックの仕組みを活用した、新サービスです。このように、不動産テックを活用したサービスが続々と登場してきています。

不動産テックサービスの種類

不動産テックサービスは、管理業務支援や住宅ローン審査支援など、多岐に渡ります。ここでは、不動産投資を検討されているオーナー様が利用できる不動産テックサービスをご紹介します。ぜひ、不動産投資を行う際に活用をしてみてください。

1.管理業務支援

(出典元:三菱地所グループ「KURASEL」公式ホームページ

不動産オーナーの中には、賃貸管理業務を自身で行いたいと考えている方もいるはずです。近頃は、賃貸管理業務を効率化する不動産テックのサービスが続々と登場しています。

管理業務支援サービスの入居者管理アプリは、入居者と管理会社をつなぐスマホを用いたコミュニケーションツールです。定期点検のお知らせや、家賃滞納などの連絡に利用できます。

また、1対1の連絡の他、管理物件にお住まいの入居者に一斉に通知を送ったり、フロア別に絞り込んで通知を送ったりすることもできます。

2.マッチングサービス

(出典元:入居者アプリ「WeRoom」公式ホームページ)

賃貸経営で収益を得るためには、可能な限り空室を避ける必要があります。不動産会社に入居者募集を任せるだけではなく、自分自身でも入居者を探すと空室期間も短く済むでしょう。このような場合に利用したいサービスが、マッチングサービスです。

入居希望者と不動産オーナーをマッチングさせるサービスが続々と登場しています。これらのサービスを利用すれば、大手ポータルサイトとは異なるターゲット層にリーチすることができたり、本来、不動産会社に支払わなければいけない仲介手数料の負担を減らすことができます。

3.不動産AI査定

(出典元:不動産AI査定サービス「HowMa」公式ホームページ"

不動産投資で成功するためには、物件選びが重要です。市場に出回っている売却物件の価格は、売主希望の販売価格です。そのため、実際の取引価格の平均相場よりも販売価格が高く設定されていることもあります。このような物件を購入してしまうと、大きく損してしまうことになります。

不動産投資は、賃貸経営シミュレーションだけではなく、出口戦略を踏まえて行う必要があるため「販売価格<取引価格」となる物件を購入しましょう。これらを正しく見極めるサービスとして、不動産AI査定があります。

気になる物件を不動産AI査定で検索すれば、販売価格が妥当であるかを把握できます。

4.シェアリングサービス

(出典元:空きスペースシェアリングサービス「Instabase」公式ホームページ

不動産テクノロジーを活用したスペースシェアリングも人気です。スペースシェアリングとは短期や中長期など、所有している不動産や空き地をシェアするサービスです。遊休資産をシェアすることで収益を得ることができます。

5.IoTサービス

不動産業界でもIoTを活用したサービスが続々と登場しています。特に注目を集めているのが、24時間管理体制の見守りサービスを提供するIoTマンションです。

室内の状態(室温・湿度)、入居者の健康状態(脈拍数・心拍数)を検知するセンサーを搭載して、計測した数値に異常があった場合は、医師が駆けつけてくれるなど、アクティブシニアの一人暮らしを支援するIoTマンションが登場しています。

介護サービスの必要はないけれど、健康や将来に不安を感じるアクティブシニアの強い味方として注目を浴びています。また、賃貸経営では、孤独死の恐れがある高齢者の入居者は断られがちでしたが、このような問題もIoTマンションであれば解決できます。

⇒こちらもチェック!「感染症対策に!非接触チェックインを実現するAIツール『maneKEY』とは?」

6.VR・ARサービス

(出典元:VR内覧システム「内覧くん」公式ホームページ)

VR・ARを活用して、物件内覧も現地に足を運ばなくても、自宅で行えるようになりました。特に新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う緊急事態宣言により、自宅で内覧する方が増えてきました。

また、部屋のパースを制作する技術も各段と上がってきています。例えば、物件売却を考えた場合に、私生活感が出ている室内の写真は見せられないと躊躇する方は多いです。

しかし、最先端の技術を使用すれば、室内にある家具や家電などはキレイに消して、モデルルームのパースのようなものを作成してもらえるようになりました。このような方法で販売強化をすれば、販売計画も理想通りに進みます。

7.クラウドファンディング

(出典元:不動産クラウドファンディングサービス「creal」公式ホームページ

インターネットの普及に伴い、数多くの人とコンタクトが取れるようになりました。このような背景から誕生したサービスがクラウドファンディングです。

通常の不動産投資には、多額の資金が必要ですが、クラウドファンディング方式の投資であれば、僅かな資金で不動産投資を始めることができます。また、自分自身だけでは投資ができないような、ホテルや宿泊施設、新しいオフィスへの投資も可能になります。

そのため、少額から不動産投資を楽しみたい方や、商業施設やオフィス施設など、普段の投資とは異なる物件に投資をしたいという方から人気を集めているサービスです。

不動産テックサービスを活用しよう

不動産投資のウェビナーに参加する女性
今回は、不動産オーナーが活用できる主な不動産テックサービスをご紹介しました。
不動産テックサービスを活用すれば、不動産投資の自主管理の業務を効率化できたり、出口戦略の計画を緻密に立てられるようになります。

また、不動産テックサービスは、続々と新しいサービスが登場しているため、不動産投資で収益を得たい方は、新サービスにも目を通すようにしたり、セミナーで最新動向について情報収集していきましょう。

これから投資を始める人の不動産投資セミナー

不動産投資に興味をもったら、セミナーへの参加をおすすめします。
有益な情報は投資家同士や不動産会社とのつながりの中で連携されていることが多く、成功大家さんが講師の場合は、著書では書き残すことができないような、セミナーだけで教えてもらえるマル得情報があったりもします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事