はじめる

サラリーマンに人気の少額で始められる不動産投資とは

「少額から始められる不動産投資とは、どのようなものだろう…」「少額の不動産投資のメリットやデメリットはなんだろう…」と、少額の不動産投資を検討するサラリーマンが増えました。REITやクラウドファンディングなどのサービスの登場によって、不動産投資が身近なものになったのです。

ここでは、サラリーマンから人気を集めている少額の不動産投資について分かりやすく解説します。この記事を読めば、どのように不動産投資を始めれば良いのか分かるようになるでしょう。ぜひ、不動産投資を検討している方は、この記事を参考にしてみてください。

少額の不動産投資とは

不動産投資は大きく分類すると2つの方法があります。自分自身で物件を購入する方法と、インターネット上で複数人が集まり、共同出資投資をする方法です

前者の場合は、不動産投資を行う上での「少額」とは、1,000万円以下の投資用物件を指す場合が多いです。また、数千万円の不動産を現金一括で購入できる場合は、そのような投資も少額不動産投資と呼んだりします。

また、近頃は後者のようなインターネットを活用した不動産投資サービスの登場によって、1万円から不動産投資が行えるサービスも登場しました。

投資の中でも、不動産投資は手が届きにくいものでしたが、株式投資やFX、仮想通貨のように、不動産投資も1万円から行えるようになったのです。

少額から始める不動産投資5つの方法

少額から不動産投資を始める方法は、主に「区分マンション投資」「REIT」「不動産小口化商品」「クラウドファンディング」「ソーシャルレンディング」があります。

1.区分マンション投資

区分マンション投資は、一部屋単位で所有する不動産投資方法です。一棟投資や戸建て投資と比較すると初期費用が安く済むというメリットがあります。しかし、後述しますが、1,000万円程度で購入できる物件は種類が限られてしまうというデメリットもあるため、物件選びは慎重に行いましょう。

2.REIT(不動産投資信託)

REITは、不動産投資法人が取り扱う金融商品です。投資家から集めた資金で複数の不動産(ビル・商業施設・ホテルリゾート・住宅)を運用して、発生した利益を配当として分配する仕組みとなります。

不動産投資で物件を所有するためには、さまざまなコストがかかり、1件だけだと空室リスクなども気になるところです。しかし、REITであれば上場企業のプロが運用する商品のため、初心者でも始めやすい手段でしょう。

3.不動産小口化商品

投資用物件の出資金を出した投資家全員で物件を共同所有して、家賃収入や売却益を分配します。REITに似ている仕組みですが、不動産小口化商品は、実際の不動産を投資口数分の持ち分で所有できるため、相続税の節税や減価償却も計上することができます。

4.クラウドファンディング

インターネット上で大勢の人から出資金を募り、その資金を活用して不動産開発のプロジェクトを実施。そのプロジェクトが成功すれば、出資額に応じて配当金が分配される仕組みです。仕組み的にはREIT(不動産投資信託)に似ていますが、金融機関が仲介しないという点が大きくことなります。

5.ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、企業に投資家が貸付を行います。企業側は「年利3~4%」と利率を提示して、投資家から集めた資金を使用して不動産事業を運営します。事業が成功したら投資家に対して利益を配当する仕組みです。

クラウドファンディングに似ている仕組みですが、クラウドファンディングが物件所有者になるのに対して、ソーシャルレンディングは企業に投資をする形となる点が大きく異なります。

少額の不動産投資4つのメリット


少額の不動産投資には、次のようなメリットがあります。

1.少額のためリスクが抑えられる

少額投資は、大金を用意できなくても始められるため、通常の不動産投資と比較すると利益は大きくないですが、その分の損失を最小限に抑えることができます。また、少額から投資をすることができるため、不動産投資でも分散投資することができます。

2.練習も含めた不動産投資が行える

少額の投資であれば、大きな利益は見込めませんが、ローンを組まずに不動産投資を始めることができます。そのため、初心者でも始めやすいでしょう。

少額から始めて、少しずつ、投資の規模を大きくしていくという方法も可能です。また、株式投資やFX、仮想通貨のように一気に価格がゼロになることはありません。

3.節税対策できる

サラリーマンが不動産投資を始めた場合、給与と不動産投資の収入を合算して所得を出します。合算した所得に対して税金が発生するのです。そのため、不動産投資の運用で損失が出た場合は、赤字分だけ所得税を取り戻すことができます。また、不動産投資を行う上でかかった費用を経費扱いすることもできるため、高い節税効果が見込めます。

4.プロに資産運用を任せられる

少額不動産投資には、ロボアドバイザーというAIを活用したサービスも登場しているため、資産運用を任せることができます。どこに投資すれば良いか分からないけれど、投資を始めたいという方の要望にも応えてくれるはずです。

少額の不動産投資3つのデメリット

少額の不動産投資のメリットをご紹介しましたが、デメリットとしては、次のようなものがあります。

1.少額でできる不動産投資の種類は少ない

不動産を自分自身で購入する場合、1,000万円以下で購入できる不動産は種類が限られています。そのため、どうしても築年数が古い物件などが多くなるでしょう。

築年数が古いと新耐震基準に該当していない建物も多くなるため、安いからという安易な理由で投資用不動産を購入してしまうと、入居者がなかなか決まらなかったり、修繕費がかかったりするため注意しなければいけません。

2.運用上のさまざまなリスクがある

不動産投資は価格がゼロになることはありませんが、流動性リスク・空室リスク・天災リスク・金利リスクなど、さまざまなリスクがあります。これらのリスクを考慮しないで投資を初めてしまうと、計画通りの配当が受け取れないという事態になってしまうため、注意しましょう。

3.手数料が高いものは運用効率が悪くなる

インターネットを活用した少額の投資用不動産の場合は、通常の不動産投資で発生しない手数料がかかります。この手数料が高いと利益が少なくなってしまいます。そのため、少額の不動産投資を始める場合は、手数料も確認しておきましょう。

まとめ

今回はサラリーマンから人気を集めている少額の不動産投資についてご紹介しました。株式投資や仮想通貨などの投資と比較すると、不動産投資は敷居が高いものだと感じていた方もいるでしょう。

しかし、投資の成功率を比較すると、他の投資の成功率より高く、空室が出ない限りは安定収入が得られるなどのメリットが得られます。

近頃はインターネットが発達して、少額から始められる不動産投資サービスが登場しました。大きな値上がりは期待できませんが、不動産価格が急落する機会は少ないため、銀行の金利よりも高い投資をしたいという方に最適です。

REITやクラウドファンディングなど、さまざまなサービスが登場していて、それぞれ特徴が異なります。そのため、自分に見合うサービスを利用してみましょう。

無料メールマガジン