屋根のペンキ塗りをする人

空き家は増え続けており、破格の価格で販売されている物件が登場しています。このような物件で空き家投資をしようか考えている人も増えています。

しかし、空き家投資で高利回りを実現するためには、リフォーム費用の削減が必要不可欠です。そのため、DIYをしてコスト削減を図ろうとする人が増えていますが、それは正しい選択なのでしょうか?

結論から説明すると最も最適な方法として「DIY代行」という良い方法があります。ここでは、空き家投資で利回りを上げる方法として注目を浴びる「DIY代行」について分かりやすく解説します。

空き家投資で利回りを上げる方法

仲良くDIYを楽しむ夫婦
空き家投資で利回りを上げる方法には、主に3つの方法があります。

指値して安く物件を購入する

差値とは、購入希望者が不動産売買契約を締結する前に希望の販売価格を指定することをいいます。不動産投資を始める上で、物件を仕入れなければいけませんが、不動産を安く購入することができれば利率が上がります。

極端な例になりますが、100万円で購入した物件と1,000万円で購入した物件で比較をしてみましょう。それぞれ家賃収入を5万円(年間60万円)と設定した場合、100万円で購入したら2年間で初期費用の回収ができます。その一方、1,000万円で購入した場合だと、初期費用の回収に約17年かかってしまうことになるのです。

家賃アップを図る

毎月の家賃収入が上がれば利回りを上げられます。賃料アップを図ることも条件によって可能です。

例えば、入居募集時の条件変更で、敷金や礼金を0にするかわりに家賃を数千円上げるなどの方法があります。また、仲介手数料をオーナー負担にするなどの方法もあります。

入居者の中には家賃が高くなっても、初期費用を安く抑えたいという方がいるのです。しかし、これは地域性や立地にもよるため、仲介会社と良く相談をして決めましょう。

リフォームコストを下げる

リフォームコストを下げて利回りを上げる方法は、売主や借主が介入して来ないため、再現性が高くなります。自分自身でDIYをすると、リフォーム業者に依頼するよりもコストを抑えることが可能です。このような方法で、リフォーム費用を抑えられれば利回りを上げられます。

リフォーム業者とDIYのコスト比較

空き家を購入して入居者が住める状態に戻すとき、リフォーム業者に依頼する方法とDIYで直す方法では、どの程度のコストの差が出るかを表にまとめてみました。DIYをすれば、リフォーム業者に依頼するよりも1/3程度コストが抑えられることが分かります。

仕上げ・素材 リフォーム業者 DIY
壁・天井 解体 約5万円 約1.3万円
クロス 約5万円 約1.5万円
塗装 約7万円 約1.2万円
珪藻土 約20万円 約7万円
漆喰 約20万円 約7万円
タイル 約4万円 約1万円
フローリング 約10万円 約4.5万円
オイル仕上げ 約3万円 約1万円
塗装・オイル仕上げ 約3万円 約1万円
ドア 塗装・オイル仕上げ 約3万円 約1万円
キッチン台 表面リメイク - 約3万円

(※壁40㎡、床14㎡で試算しています。)

空き家投資DIYをする際の注意点

ホームセンターで買い物する人
空き家投資物件をDIYすることで初期費用が安く抑えられて、高い利回りを実現することができますが、気をつけなければいけないこともあります。ここでは、空き家投資DIYする際の注意点をご紹介します。

リフォームの品質が落ちる

DIY初心者が自身で工事をすると品質が落ちる可能性があります。塗装など素人が塗ったことが分かると、入居者側も住みたいとは感じないからです。リフォームの品質が落ちてしまい、空室や家賃下落の事態を招いてしまうこともあります。

DIY工事の手間や時間がかかる

空き家投資で高利回りを実現するために、リフォーム費用を削減しようとDIYに取り組む人は多いです。しかし、DIYは労力が必要になり想像以上に時間がかかります。

半年以上をDIY期間に費やす人もいますが、半年間も家賃収入が得られないことを懸念した方が良いでしょう。その結果、リフォーム業者に短期間で仕上げてもらって、賃貸経営した方が高利回になるケースも多いです。

予想以上に費用がかかることもある

リフォーム業者に依頼するよりも1/3程度のコスト削減ができるとお伝えしましたが、予想以上に費用がかかることもあります。

例えば、塗装をしてみた結果、想通りにならなかった場合は、専門業者に依頼し直さなければいけなくなります。予想外の出来事で、コストアップしてしまうので注意しましょう。

⇒こちらもチェック!空き家投資を失敗しないために知っておくべき3つのポイントは?

空き家投資の新たな選択肢「DIY代行」とは

空き家をDIYする魅力と難しさについて理解して頂けたと思いますが「DIY代行」で、それぞれの問題を解決することができます。空き家投資の新たな選択肢である「DIY代行」とは何なのでしょうか?ここでは、注目を浴びるDIY代行について分かりやすく解説します。

DIY代行とは

DIY代行とは、工務店やリフォーム業者に依頼するほどでもないような細かい作業に対応してくれて、コストも抑えられると注目を浴びているサービスです。壁の塗装や床の張り替え工事など簡易的な工事を依頼できます。

DIY代行のメリット

DIY代行のメリットは、工務店やリフォーム業者よりも安いコストで依頼できることです。また、細かい依頼もしやすいことがDIY代行のメリットと言えるでしょう。リフォーム業者に細かい依頼をすると、追加費用がかかり総額が高くなりがちです。しかし、DIY代行業者は臨機応変に対応してくれて、材料を用意しておけば臨機応変に対応してもらえます。

DIY代行のデメリット

DIY代行のデメリットは、リフォーム業者よりも仕上がりが遅くなってしまうことです。リフォーム業者は場合によって、多くの作業員で工事を行います。その一方で、DIY代行はリフォーム業者のように多くの作業員は呼べません。そのため、リフォーム業者に依頼するよりも工事スピードが遅れてしまうことがあります。

空き家投資におすすめのDIY代行サービス

プラットフォーム様のLP

プラットフォーム株式会社

プラットフォーム株式会社は、投資物件の仕入れからリフォーム、賃貸経営までワンストップで提供している不動産会社です。全てをワンストップでお任せすることで、リフォーム費用を安く抑えられ、高い利回りを実現することができます。空き家投資を始めてみたいけれど、煩わしい手続きなどを省きたいという方におすすめです。

日本リンクス株式会社

日本リンクス株式会社は、イベントや展示会、建築現場のワークサポートサービスを提供しています。実際の現場で培った高い技術力を持つ作業員が施行してくれるため、DIYの品質が高いです。

出張DIY講座のように作業方法を説明してくれるため、一緒にDIYを行えます。そのため、自分でDIYをしたいけれど不安があるという方におすすめです。

ワンストップ代行センター

ワンストップ代行センターは、壁紙張りやタイルカーペット張り、外壁塗装などのDIY代行サービスを提供しています。工務店やリフォーム業者に依頼しにくいような細かい作業、特殊な作業に対応。格安便利屋を強みとしており、リーズナブルな料金体系を実現しています。

ハンディーサービス Tasuke

ハンディーサービス Tasukeは、家具の組み立て代行、ちょっとした取り付け・取替えなどの生活サポートから、賃貸用の本格的なDIYまで幅広いサービスを提供しています。
確かな腕を持った元職人のスタッフが施工してくれるため、安心して作業を任せることができます。
ホームページではさまざまな代行例が掲載されていて、依頼した時のクオリティをイメージすることができます。

株式会社シールズ

株式会社シールズは長年建築工事の一部を請け負っており、数多くの物件を手がける事によって得た豊富な知識や経験・技術を生かし、住空間をより快適かつステキな空間へとカスタマイズするサービスを提供しています。収納を充実させるようなカスタマイズDIYから、本格的な内装リフォームまで行っています。

株式会社彩Re

彩Reは、「日常に彩りを加える〜Trappings of life〜」をコンセプトに、理想のオシャレ・カッコイイ・カワイイをDIYで叶えてくれます。1Kやワンルームで狭くても、他にはない個性的で、かつ快適に過ごせる一人暮らしの空間を演出してくれます。
お洒落な物件にしたいオーナーさんにおすすめです。

株式会社ココテラス

株式会社ココテラスが提供する、賃貸住宅の空室改善を目的に作ったコスパ重視の定額制のリフォーム商品「イメチェン」は、1㎡(床面積)×1万円で築古賃貸をお洒落なデザイナーズ物件にイメージチェンジを図る事が出来きる定額制のリフォーム商品です。
築古賃貸住宅をオシャレなお部屋にイメチェンできれば、物件力が上がり空室改善になります。

株式会社 満室計画

株式会社 満室計画は賃貸住宅専門でリフォームを行っています。
大工工事、塗装工事、設備工事はもちろん、クロス張替などのちょっとした補修工事でも依頼することができます。
物件管理も依頼すれば、入居中のトラブルにも駆けつけてくれます。

M studio

M studioは、棚の取付や手すりの取付、通販家具の組立、地震対策の家具の転倒防止など簡単な作業から依頼可能です。暮らしを豊かにするような「DIY」を積極的にアドバイスしてもらえて、塗装から家具製作まで、より拘りを持って、かつ予算を削減したいと考えている方におすすめです。

99% DIY

99% DIYは、実際に東京の築25年の戸建をセルフリノベーションしながら住んでいる"すけ"さんがDIYの助っ人として出張してくれるサービスを行っています。配管に関わることなどサポートできない作業もありますが、基本的に現状復帰可能なカスタマイズなら大抵のDIYをサポートできます。例えば、「書斎を作りたい」とか「モテ部屋にしたい」という空間的な概念からの要望もOKです。

空き家投資で「DIY代行」を有効活用しよう

DIY代行業者
空き家投資は、リフォーム費用を安く抑えて高利回りを実現することが成功の秘訣です。DIYが注目を浴びていますが、想像以上に時間が必要になったり、失敗してコストが想像以上に跳ね上がったりすることがあります。そのため、不安を感じる方は「DIY代行」を上手に活用してみましょう

空き家投資を始めたいと思っていて、まだ物件を購入していない方は、物件購入から賃貸経営までワンストップで提供している「プラットフォーム株式会社」を活用すると、トータルコストが抑えられます。

興味がある方はぜひ相談をしてみてください。

少額からはじめる空き家不動産投資の秘訣
これから投資を始める人の不動産投資セミナー

不動産投資に興味をもったら、セミナーへの参加をおすすめします。
有益な情報は投資家同士や不動産会社とのつながりの中で連携されていることが多く、成功大家さんが講師の場合は、著書では書き残すことができないような、セミナーだけで教えてもらえるマル得情報があったりもします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事