電卓と家の模型

景気は好景気と不景気が交互にやってきています。新型コロナウイルスで経済停滞しましたが、この不景気が続くわけではありません。今後は、景気循環で景気は回復してくるはずです。

このような時代背景を見据えた投資術はあるのでしょうか?結論からお伝えすると、地方の空き家は購入するのに最適なタイミングを迎えています。この記事では、新型コロナウイルスで経済停滞する中での賢い不動産投資術について分かりやすく解説します。

景気循環とは

景気には波があり、好景気と不景気が交互に繰り返されることをいいます。

好景気の時には、商品やサービスが売れるため、従業員の賃金も上がります。売上を伸ばすために生産量を増やしますが、過剰在庫を抱えてしまうことになります。その結果、生産量を抑えなければいけません。生産量を抑えれば、稼働力が劣るため、従業員の賃金は下がります。

しかし、このような不景気は長く続くものではなく、再び需要が増えていけば好景気に切り替わっていくのです。このように、好景気と不景気が繰り替えされることを「景気循環」といいます。

不動産市場における景気循環とは

新型コロナウイルスの影響で不景気ではありますが、不動産投資を検討している方は絶好の機会を迎えています。その理由は、新型コロナウイルスで経済的ダメージを受けた人が、住宅ローンを支払えずに不動産を手放す決断をしているからです。

普段であれば、流通しないような優良物件が手頃な価格で購入できる絶好の機会を迎えているのです。また、新型コロナウイルスによる不景気は長く続くわけではなく、次第に景気は回復していくでしょう。不景気であるからこそ、景気回復を見据えて不動産投資をしておくのです。

【景気循環】不動産市場について

新型コロナウイルス感染拡大は、不動産市場にどのような影響を及ぼしているのでしょうか?歴史的にも稀な事態のため、不動産市場の予測はプロの投資家でも難しいといわれています。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大で多拠点活動をする人が出てくるなど、新たな価値観が生まれています。これらの価値観を踏まえて、不動産市場を捉えていきましょう。

不動産価格の二極化が進む

新型コロナウイルスは、不動産市場に大きな変化をもたらしましたが、全ての物件に大打撃を与えたわけではありません。不動産価格が上昇したエリアと下降したエリアの二極化が進んでいます。

例えば、首都圏都市部の不動産価格は景気と連動しやすく、大きな打撃を受けています。特に富裕層向けの不動産は大打撃を受けています。その一方で、テレワークの普及で多拠点活動をする人が増えてきており、地方の物件の価格は上昇しているのです。

このように、不動産価格の二極化が進んでいるため、不動産売買をする際は、不動産市場で判断するよりも、特定地域に絞り込んで不動産市場を判断することが大切になってきています。

地方の物件に人気が集まる

リモートワーク普及して働き方が大きく変わりました。リモートワークが一般化したため、地方で暮らす人が増えてきているのです。また、場所を選ばずに働けるようになったため、多拠点活動をする人も増えています。

このような働き方や暮らし方が浸透してきているため、地方の物件に人気が集中しているのです。地方の物件は、都心部の物件よりも安く購入できて、需要も伸びてきているので不動産投資に最適です。

オンライン内見が主流となる

新型コロナウイルス感染拡大で、物件の内見方法も変わりました。オンライン内見が主流となってきています。今後、物件の内見方法はオンラインが主流になれば、多拠点生活を楽しむ人を全国から募集することも容易となってきています。

不動産の景気循環から空き家問題を考えてみる

日本の空き家は増え続けています。平成30年住宅・土地統計調査(総務省)」によると、全国の空き家は846万戸にのぼり、空き家率は13.6%と過去最高を記録しています。

空き家は、地方都市で高い割合を占めていますが、新型コロナウイルスで経済低迷時代に、この空き家を活用することはできないのでしょうか?ここでは、空き家問題について考えていきたいと思います。

地方移住者は増加

リモートワークが普及したため、地方に住みながら働ける時代を迎えました。その結果、今まで憧れていた田舎暮らしを実現する地方移住者が増えています。自然に囲まれた環境で子育てがしたい、アウトドアや登山が手軽にできる、新鮮な野菜が作れるなどの田舎暮らしを希望する人は急増しているのです。

地方に住むと仕事が少なくて、給料が下がるというデメリットがありました。しかし、リモートワークが普及したことから地方移住のデメリットが解消されつつあります。

地方の空き家率は高い

地方移住者は増加していますが、地方の空き家率は高い水準をキープしています。そのため、地方の空き家は都市部より安い価格で購入することができます。

また、空き家を放置しておくと景観が悪くなったり、泥棒の侵入など治安が悪くなったりすることから、空き家を活用する場合は補助金が支給されることが多いです。これらの補助金を上手に活用すれば、初期費用を安く抑えて賃貸経営ができます。

コミュニティ型賃貸の需要は増加

リモートワークが定着して多拠点活動をする人が増えてきていることから、地方のコミュニティ型賃貸の需要は増加していくと予測されています。

コミュニティ型賃貸とは、隣人とのコミュニティを大切にするライフスタイルのことをいいます。各自の居住スペースと共有スペースからできており、自然な助け合いと信頼関係を構築することができる賃貸物件です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外出自粛せざるを得ない状況に立たされ、人とコミュニケーションを取りたいと願う人が増えました。このような背景からコミュニティ型賃貸の需要が増加しているのです。

景気循環を見据えた不動産投資の準備方法

新型コロナウイルスで不景気が続きますが、景気循環を見据えて不動産投資を始めたいと思っている方は準備を始めましょう。ここでは、不動産投資を始めるための準備方法をご紹介します。

不動産投資セミナーに参加する

不動産投資セミナーに参加をすれば、実際に不動産投資で成功している人の経験を聞くことができます。また、基礎知識など希望するセミナーを受講できます。参加者と横のつながりが生まれるため、賃貸経営のモチベーション維持もできます。

不動産投資関連の本を読む

不動産関連の本を読むのもおすすめです。本には成功事例だけではなく、失敗事例も記載されていることが多いです。失敗事例を読んでおけば、同じ失敗をせずに済むでしょう。また、本であれば、時間や場所を気にせずに気軽に読むことができます。

不動産投資コミュニティに参加する

近頃は、SNSなどでコミュニティが用意されています。不動産投資コミュニティに参加をすれば、不動産投資家とのネットワーク作りができます。ネットワークが構築できれば、有益なアドバイスをしてもらえるはずです。

⇒不動産投資をはじめたい!初心者におすすめの本&セミナーはこちらから!

景気回復を見据えて空き家投資をしよう

新型コロナウイルスは、日本経済に大きな影響を与えました。それだけではなく、私たちの暮らし方の多様化にも大きな影響を与えています。これらの時代背景を見据えた賃貸経営を始めれば、高い利回りを実現することができるでしょう。

プラットフォーム株式会社では、空き家の活用術のセミナーを主催しています。この記事でご紹介したコミュニティ型賃貸や、空き家の活用をしていきたい方は、プラットフォーム株式会社のセミナーに参加をしてみてください。

少額からはじめる空き家不動産投資の秘訣
これから投資を始める人の不動産投資セミナー

不動産投資に興味をもったら、セミナーへの参加をおすすめします。
有益な情報は投資家同士や不動産会社とのつながりの中で連携されていることが多く、成功大家さんが講師の場合は、著書では書き残すことができないような、セミナーだけで教えてもらえるマル得情報があったりもします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事