ワンルームマンション投資

ワンルームマンション規制とは?不動産投資で知っておきたい専門用語

東京23区

東京23区では、ワンルームマンション規制がかけられていることをご存知ですか?

各自治体は、税収などの目的で単身者より世帯者に街に住んでもらいたいと考えているため、ワンルームマンションの建設には規制が設けられているのです。

このような事情を把握すれば、不動産投資も成功しやすいので、ワンルームマンション規制について理解を深めておきましょう。

この記事では、不動産投資をする上で知っておきたいワンルームマンション規制について解説します。

不動産投資をする上で知りたいワンルームマンション規制

ワンルームマンション
東京23区には、ワンルームマンション規制がありますが、どのような規制なのでしょうか?不動産投資を行う際にも影響する専門用語のため、良く理解をしておきましょう。まず、ここでは、ワンルームマンション規制について分かりやすく解説します。

ワンルームマンション規制とは

東京23区には、ワンルームマンション規制がかけられています。1980年代から、規制はかけけられていましたが、10年前から23区全体に条例もしくは指導要網による規制がかけられており、ワンルームマンションの建設が抑制されているのです。

ワンルームマンションを建てるには、各自治体が定める基準をクリアしなければいけないため、近頃は、横浜や川崎などにワンルームマンションを建てる人が移行しています。

ワンルームマンション規制がされている理由

東京には、進学や就職で上京してくる単身者が溢れています。このような単身者は、地域コミュニティに参加することはありません。近隣住民の方と交流することがないため、ゴミ捨て問題や駐輪問題などの入居者トラブルに発展しやすいのです。

また、大学生は住民税を移す手続きを滞りがちで、住民税を納付してもらえないことがあります。各自治体は税収したいと思っているため、単身者ではなく、ファミリー世帯に多く住んでもらいたいと思っているのです。このような、さまざまな理由によって、東京ではワンルームマンション規制がかけられています。

ワンルームマンション規制の参考例

ワンルームマンション規制の例を見ていきましょう。ここでは、渋谷区の規制をご紹介します。

  • 地階を除く回数が3階以上または居室を有する階数が3階以上のもの
  • 専有面積33㎡未満の住戸
  • 専有面積33㎡未満の銃との数が総戸数の3分の1以上のもの
  • 住戸の専有面積を協働住宅は28㎡以上、寄宿舎は15㎡以上のもの

また、用地取得価格の高騰や建築コストの上昇などの影響もあり、東京23区内でワンルームマンションを建てることが難しくなっています。

規制を逆手にとるワンルームマンション投資の魅力

不動産業者
東京でワンルームマンションを建てることが難しいですが、東京オリンピック開催や都市開発の影響、外国人労働者の増加でワンルームマンションの需要は増えていきます。そのため、東京でのワンルームマンション投資は成功しやすいのです。
ここでは、規制を逆手にとったワンルームマンション投資の魅力をご紹介します。

入居者募集がしやすい

東京オリンピック開催や都市開発によって、東京都の人口は増加していきます。また、政府が外国人労働者の採用に注力しているため、外国人労働者の単身者も増えています。

厚生労働局の「都内で働く外国人労働者の推移」では、2015年度には27万6,909人だった外国人労働者は、2019年に43万8,775人まで伸びているのです。

今後も、東京都内で働く外国人は増えていくことが見込まれているので、都内のワンルームは一定の需要があります。そのため、賃貸経営で不安視される空室リスクの心配がありません。供給より需要が多いため、入居者募集もしやすいです。

不動産価値が下がりにくい

ワンルームマンション規制がかけられており、都内のワンルームマンションの資産価値が下がりにくくなっています。実際に、15年間賃貸経営をしているワンルームマンションを手放す際に、購入価格と同等で売却できた事例も多いです。

不動産投資は、毎月の家賃収入を得た後に、高い金額で売却することで成功します。そのため、都内のワンルームマンションは不動産投資しやすい物件なのです。

不動産投資初心者も始めやすい

ワンルームマンション投資は、少額の資金で始められるとして、不動産投資初心者から人気です。しかし、一般的に空室リスクを考慮しなければいけないため、不動産投資を始めるか迷う方が多いのです。

このような不安も、ワンルームマンション規制がかけられている東京23区であれば払拭できます。単身者向けのワンルームマンションの供給率は増えにくいため、需要を逆手にとった賃貸経営ができます。そのため、不動産投資初心者でも成功しやすい環境が整っているのです。

補足:物件取得費で節税効果が期待できる

不動産投資の魅力は、安定した家賃収入と不動産売却益だけではありません。物件取得費は耐用年数に応じて、減価償却費として経費計上できます。物件取得費を会計上、経費計上できて利益額を減少させることができるので、高い節税効果が見込めます。

ワンルームマンションが向いている人の特徴

ワンルームマンション投資を検討中の男性
ワンルームマンション規制を逆手にとり、都内でワンルームマンション投資を始める魅力について理解して頂けたと思います。実際に、どのような人がワンルームマンション投資を始めるべきなのでしょうか?ここでは、ワンルームマンションが向いている人の特徴をご紹介します。

老後の蓄えが欲しい人

人生100年時代と呼ばれており、公的年金だけで老後を安心して暮らせる時代ではなくなりました。老後に豊かな暮らしを送るため、2000万円以上の貯金が必要だと言われています。そのため、不労所得として不動産投資を始める方が増えているのです。

近頃は、サラリーマン投資家も増えました。色んな方が不動産投資を始めていますが、老後の蓄えが欲しい人におすすめの投資方法です。

手元資金が少ない人

不動産投資を始める場合は、手元資金が必要になります。アパート経営やマンション経営をする場合は、多額の資金が必要です。しかし、一般的なサラリーマンは手元資金は用意できないでしょう。しかし、ワンルームマンション投資であれば、少額の資金で始められます。そのため、手元資金が少ない人にもおすすめの投資方法です。

不動産投資に関する知識が少ない人

不動産投資は、物件購入して終わりではありません。適切な方法で運用していかなければいけません。そのため、不動産に関する専門知識が必要になります。実際に、空室リスクなどを考慮しなければ、不動産投資は失敗に終わってしまうので注意してください。

しかし、ワンルームマンション規制を逆手にとった、ワンルームマンション投資であれば、空室リスクも低くなります。不動産投資に関する知識が少ない初心者の方も始めやすいです。

東京23区内のワンルームマンション投資は取り組みやすい

東京23区内でワンルームマンションを建てる場合は、一定の基準を満たさなければいけません。そのため、ワンルームマンションの供給は停滞しています。

その一方で、進学や就職で上京してくる単身者や外国人労働者は増えているので、ワンルームマンションの需要は増えています。そのため、都内のワンルームマンションは、空室リスクの心配が少なく、不動産投資初心者でも取り組みやすいというメリットがあるのです。

しかし、不動産投資は知識がないと失敗してしまいます。そのため、都内のワンルームマンション投資に興味を持った方は、ぜひ、不動産投資セミナーで勉強をしてみてください。

【PR】不動産投資セミナー

セミナー情報ドットコムで不動産投資セミナーを探す

人気の不動産投資セミナーです。東京・大阪・福岡など首都圏を中心に多くの不動産投資会社さんのセミナーが開催されています。不動産投資を始める前に是非勉強して下さい。

少額からはじめる空き家不動産投資の秘訣