民泊

民泊可能物件の探し方と人気のポータルサイト3選

民泊経営を始めたいと思ったら、民泊可能物件を探さなければいけません。通常の賃貸物件の大家は民泊経営の許可をしていないことが多いため、借りた部屋で民泊経営をした場合は、契約違反となり解約されてしまったり、賠償請求されてしまうかもしれません。そのため、必ず民泊可能物件を探して民泊経営を始めましょう。

この記事では、民泊可能物件の基本的な内容から探し方について分かりやすく解説します。これから、民泊経営を始めようと考えている方は、ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

民泊可能物件とはなにか

まず、民泊可能物件とはどのような物件かについて分かりやすく解説します。

転貸できる住居用物件

不動産会社の賃貸契約の種類には「転貸」というものがあります。簡単に説明すると、借りた部屋を第三者へ貸す「又貸し」です。

賃貸契約の取り決めは貸主側が決めるため、一般的に転貸できる物件は少ないです。しかし、少なからず転貸できる物件も存在します。このように、民泊可能物件とは転貸できる住居用物件のことをいいます。

転貸は法律違反ではない

転貸は、珍しい契約形態ではありません。貸店舗や貸事務所では、転貸は普及している契約形態です。また、転貸専門の不動産会社も存在します。民法612条に記載されていますが、大家の承諾が得られている場合は、転貸は法律違反に反しません。

[第612条 賃借権の譲渡及び転貸の制限]

  1. 賃借人は、賃貸人の承諾を得なければ、その賃借権を譲り渡し、又は賃借物を転貸することができない。
  2. 賃借人が前項の規定に違反して第三者に賃借物の使用又は収益をさせたときは、賃貸人は、契約の解除をすることができる

大家の許可が必要となる

転貸が契約違反ではないことは理解していただけたと思います。しかし、外国人に転貸した物件で家賃滞納が相次ぎ、その責任の所在を明確にすることが難しいこともあり、「転貸不可」の条項を契約書に入れる大家が増えたのです。

民泊は転貸になるため、賃貸物件で民泊経営を始める場合は、大家の許可を得なければいけません。借主の中には貸主に黙って民泊経営を始めようと考えている人もいるでしょう。

しかし、管理会社に民泊経営がバレてしまい、撤退しなければいけないというのが実情です。そのため、民泊経営を始める場合は大家の許可を得てください。

民泊可能物件の4つの探し方


実際に民泊経営を始めたいと思った場合、民泊可能な物件はどのように探せば良いのでしょうか?ここでは、民泊可能物件の探し方をご紹介します。

1.不動産会社に依頼する

不動産会社に相談をすれば、担当者に自分の要望を伝えれば一緒に探してくれるため、希望の物件が見つかりやすいです。しかし、条件の良い物件は市場に出回ることが少ないため、かなり地道な作業になる覚悟を持たなければいけません。また、不動産会社の中には、民泊物件を得意としていない会社もあるため、会社の見極めも必要となります。

2.物件ポータルサイトで探す

物件ポータルサイトを利用すれば、場所を選ばずに物件を探すことができます。不動産ポータルサイトだとSUUMOやHOME’Sが有名ですが、このようなポータルサイトには転貸不可の物件も含まれているため、数多い物件数の中で、民泊物件を探すのは至難の技といえるでしょう。しかし、民泊物件に特化した物件ポータルサイトも登場しています。これらを利用すれば、民泊可能物件を簡単に見つけることができます。

3.民泊代行会社に相談する

民泊経営を行う上で検討したいのが、民泊代行会社です。民泊代行会社を利用すると手数料はかかってしまいますが、顧客獲得の入口として優良物件を持っているケースが多いです。

また、優秀な民泊代行会社には、大家からの依頼も集まってきます。このような民泊代行会社は増えてきているので、民泊経営に興味があるけれど、不安を感じている方は相談してみても良いかもしれません。

4.不動産投資セミナーに参加する

不動産投資セミナーの中には、民泊経営に関する講座も用意されています。このようなセミナーに参加をすれば、民泊経営に関する基礎知識が身につくだけではなく、個別相談もできます。

民泊経営で収益を上げた実績を持つ講師にセミナーに参加をすれば、どこで民泊可能物件を探せば良いか具体的なアドバイスを受け取ることもできるでしょう。そのため、不動産投資セミナーで人脈作りをして物件探しをするという方法もあります。

【PR】民泊セミナー

セミナー情報ドットコムで民泊セミナーを探す

人気の不動産投資セミナーです。東京・大阪・福岡など首都圏を中心に多くの不動産投資会社さんのセミナーが開催されています。不動産投資を始める前に是非勉強して下さい。

民泊可能物件が探しやすいサイト3選


民泊可能物件の探し方の1つとして、物件ポータルサイトを挙げましたが、近頃は民泊可能物件だけに特化したサイトも登場してきています。このようなサイトを利用すれば、民泊可能物件を簡単に見つけることができるはずです。ここでは、サイトの中でもおすすめのサイトをご紹介します。

1.民泊物件.com

民泊物件.comは、転貸可能物件だけを集めた国内最大級の物件ポータルサイトです。物件の検索はもちろん、会員登録をすることで物件情報がメール配信されます。

実際に民泊経営をした場合の「想定収入」「想定初期費用」「想定投資回収期間」を確認することもできるため、民泊経営を初めて行う方も安心することができるでしょう。

民泊物件.comによると優良物件の1日以内の成約率は約76%とのことなので、本気で民泊経営を始めたい場合に利用してみてください。

2.みんぱーく

みんぱーくは、民泊経営を始めたい方向けの物件ポータルサイトです。他の物件ポータルサイトとの大きな違いは、東京都を中心にした物件情報が掲載されているということです。

また、民泊経営した場合の想定収入も確認することができますが、この想定収入は民泊経営の経験を持つメンバーが独自に算出しており、十分な利益を出すことができないと判断した物件は掲載しないという方針を持っているため、高稼働率が期待できる物件のみが掲載されています。そのため、民泊初心者の方も安心して利用できるサイトです。

3.MINCOLLE

MINCOLLEは、トラスティーパートナーズという不動産会社が運営している物件ポータルサイトになるため、物件情報がいち早く入手できます。

また、どのような物件を選べば良いのか悩んだ場合は、ポータルサイトを通じて不動産会社に相談することも可能です。物件掲載数は、他のサイトと比較すると劣りますが、不動産に関する専門家が手厚いサポートをしてくれるというサービスで人気を集めています。

まとめ

この記事では、民泊可能物件の探し方をご紹介しました。物件の探し方は、不動産会社に相談をしたり物件ポータルサイトを利用したりなど、さまざまな方法があります。そのため、自分に見合った方法で物件を探してみてください。

しかし、高い収益が得られる優良物件は市場に出回るとすぐに買い手が付くため、物件探しの手段は複数持っておいた方が良いでしょう。

不動産投資セミナーでは、民泊経営に関する講座も用意されています。セミナーに参加をすれば、民泊経営に関する基礎知識が身に付くだけではなく、信頼ができる講師の方に個別相談できたりします。そのため、民泊経営を初めて行うという方は、不動産セミナーに参加をして、相談相手や情報交換し合える人脈作りをすることも、物件探しと同じぐらいに大切です。ぜひ、この記事を参考にしていただき、民泊経営を始めてみてください。

少額からはじめる空き家不動産投資の秘訣