民泊

戸建投資で勝つなら”空き家”!成功する空き家物件の探し方&注意点

リフォームを楽しむ夫婦

不動産投資には、さまざまな投資方法があります。人生100年時代を見据えて、不労所得を得ることを検討し出す人が増えてきており、サラリーマン大家を希望する方も増えてきているのです。

その中でも、サラリーマン大家から注目を集めているのが「空き家投資」です。
空き家投資は、少ない初期費用で手軽に始められて、高利回りが得られるとして人気を集めています。

しかし、戸建投資のための空き家は、どのように探せば良いのでしょうか?空き家を探す際の注意点はないのでしょうか?
この記事では、空き家の探し方について解説します。

戸建投資に活用する空き家の探し方

アットホーム公式サイト画像
参考:【ホームズ】空き家バンク

戸建投資に活用する空き家は、どのように探し出せば良いのでしょうか?ここでは、空き家の探し方についてご紹介します。

インターネットを活用する

気軽に空き家を探したい方は、インターネット経由で探してみましょう。気になる物件を見つけたら、インターネット上でお問い合わせするだけです。そのため、手軽に空き家を探すことができるはずです。インターネット環境が整っていれば、時間や場所を選ばずに空き家情報を探し出すことができます。

しかし、市場に出回った優良物件は買い手が見つかりやすく、優良物件情報はすぐに消えてしまいます。また、優良物件情報は市場に出にくいです。そのため、インターネット上で出回っていない空き家情報があることも認識しておきましょう。

不動産会社に相談する

不動産会社は、不動産流通機構が運営している「レインズ」を活用できて、全国にある空き家情報を収集することができます。レインズには、インターネット上で掲載されていない空き家情報が掲載されていることもあります。

また、空き家所有者から直接売却依頼を任せられていることもあり、非公開物件として空き家情報を所有していることも多いです。そのため、空き家投資を始めたいエリアの不動産会社に相談をしてみても良いでしょう。

投資コンサルティング会社に相談する

不動産投資を取り扱うコンサルティング会社に相談をすれば、空き家を紹介してもらえます。また、空き家の紹介だけではなく、どのような投資方法が自分に合っているかを提案してもらえます。緻密に不動産投資の事業を計画していくことができるのが魅力です。しかし、コンサルティング手数料がかかるので注意しておきましょう。

空き家バンクを活用する

空き家バンクとは、売却希望者の情報を紹介するサービスのことをいいます。全国で社会問題となっている空き家を活用して地域活性化につなげようと、各地方公共団体が不動産会社と連携して情報を提供しています。

希望するエリアを管轄している各自治体の空き家バンクを確認すれば、空き家情報が閲覧できます。気になる物件を見つけたら、内見をしてみましょう。

直接空き家を探す

空き家物件は、所有者の方針決定が先送りになっているケースが多く、不動産流通市場に出回ることなく潜在化している傾向があります。実家を相続した後に利活用の検討ができないままの状態という所有者が多いのです。このような理由によって、優良物件は不動産流通市場に出回っていません。そのため、直接空き家を探すという方法もあります。

近くに住んでいる方に話を聞くことができれば、どのような経緯で空き家化したのか、所有者は誰なのかを聞き出すことができます。直接交渉すれば、優良物件が購入できるでしょう。

戸建投資に活用する空き家探しの注意点

戸建ての模型
戸建投資に活用する空き家探しには、注意点もあります。ここでは、空き家探しの注意点をご紹介します。

建物の状態を良く確認する

長年放置された物件は、経年劣化により損傷しています。建物の構造部分も大きく損傷してしまっている場合は、莫大な修繕費用が発生するため注意してください。

物件購入前にホームインスペクターなどの専門家に相談をして、どの程度の修繕が必要になるかを診断してもらいましょう。空き家を購入する際は、物件価格と修繕費用を合算した価格で購入を検討することが大切です。

※リフォーム業者とのトラブルに巻き込まれるケースも。

空き家になった理由を聞く

空き家化する理由は、さまざまです。相続で実家を引き継いだけれど活用方法を検討する余裕がなくて遊休地となっている場合や、転職や転勤によって不動産を放置したままなど、個々の事情によって理由は異なります。過去に、近隣トラブルがあった物件などの購入は控えましょう。

入居者側も空き家になっている理由は気になるものです。そのため、空き家化した理由は購入前に確認しておいてください。

補足:少しでも不安に感じたら「専門家」に相談

空き家購入前に、建物の損傷や空き家化した理由を聞くことが大切だと述べました。とくに建物の状態は、外観や内観の状態だけではなく、構造も確認しなければいけません。建築知識がない人だと優良物件かどうかの判断がつきにくいです。そのため、空き家購入前に不安を感じたら、建築家やホームインスペクターなどの専門家に相談をしてみましょう。

空き家を探す人が増えている理由

空き家購入を検討している夫婦
戸建投資に活用できる空き家探しを始める投資家が増えています。なぜ、空き家探しをする投資家が増えているのでしょうか?ここでは、戸建投資に活用できる空き家の魅力についてご紹介します。

低価格で購入できる

空き家は、低価格で購入することができます。木造住宅の法定耐用年数は22年と定められているため、空き家を購入する際に融資を受けることは難しいですが、数百万円から購入できるので不動産投資初心者も始めやすいです。実際に、サラリーマン大家が空き家投資を始めています。

しかし、建物の構造部分に問題があれば、莫大な修繕費用が必要となります。結果的に、修繕費用が高くついたという失敗事例も多いため、物件価格だけで判断しないようにしましょう。

好立地な物件が多い

空き家は昔に建てられたため、駅近の好立地な場所にある空き家も多いです。そのため、駅近の好立地な場所にある空き家も多いです。このような好立地にある空き家を利活用すると高い収益が得られます。

空き家は、戸建投資の賃貸経営だけではなく、シェアハウスや民泊という利活用方法もあります。戦略次第では、低リスク高リターンの不動産投資も可能なため人気を集めているのです。

補助金や助成金を受けられる

空き家問題は社会問題化している背景もあり、地方自治体では、さまざまな空き家対策に利用でいる補助金・助成金制度を設けています。これらの補助金や助成金を活用すれば、初期費用を抑えながら、不動産投資を始めることができます。

注目が高まる空き家投資について情報収集を

株式会社オープンハウスサイト画像

TOPIC.3 新しい生活様式で求められる居住のニーズ
住宅購入検討者の半数以上が自由度の高い「戸建て」に注目!

参考:株式会社オープンハウス『2020年コロナ禍を受けたこれからの住まい意識・実態・ニーズ調査』より

今回は、戸建投資に活用できる空き家の探し方についてご紹介しました。

インターネット経由で気軽に探す方法から、物件所有者と直接交渉する方法までご紹介しました。さまざまな方法があるため「空き家投資を始めたいけれど、良い物件が見つからない…」と悩んでいる方は参考にしてみてください。

戸建投資に活用する空き家を購入する前には、建物の状態や空き家化した理由を確認しましょう。

とくに、建物の状態は素人では分かりにくいため、専門家に同行してもらい確認してもらってください。

下記の専門業者は空き家投資の実績も豊富に持っています。ぜひ、空き家投資を検討している方は、資料をダウンロードしてみてください。

少額からはじめる空き家不動産投資の秘訣

少額からはじめる空き家不動産投資の秘訣