空き家投資

空き家はなぜ増え続けるのか?深刻化する空き家問題と活用方法

古い空き家のペーパークラフト

相続した家が適切に管理されないまま「空き家」となっており、空き家問題は深刻化しています。そのため、2015年5月に国土交通省が施工された「空き家対策特別措置法」では、老朽化や管理不足によって、倒壊の危険がある空き家を「特定空き家等」とし、国が主体となって修繕や撤去の指導、強制撤去が行えるようになりました。

空き家を相続した人は、対応に迫られていますが、建て壊して更地にするのも費用がかかると頭を悩ます方が多くいます。

そのままの状態で放置し、そのエリアに住む人(近隣住民)に迷惑をかけていたり、不法侵入されてしまうなどトラブルに発展している空き家も増加しているのです。実態調査では、今後、空き家は増え続けていくと発表されているので、他人事ではありません。

このように問題となっている空き家は、どのように活用すれば良いのでしょうか?ここでは、空き家問題の対策方法について解説します。

空き家問題が増える要因

空き家が増える理由
空き家問題を耳にする機会が増えてきていますが、何が原因なのでしょうか?また、どれぐらいの空き家が増えているのでしょうか?ここでは、深刻化している空き家問題について分かりやすく解説します。

全国の空き家率の推移

空き家調査は、1963年から3年ごとに実施されていますが、2018年に発表された全国住宅数は約6,240万戸で空き家数は過去最高の約848万戸になり、これらは、全国の住宅の13.6%に相当します。1988年当時は394万とだったため、20年間で約2倍。現在も空き家は増え続けており、空き家問題は深刻化しているのです。

参考:総務省『平成30年住宅・土地統計調査住宅及び世帯に関する基本集計 結果の概要

空き家が増加する理由

少子高齢化により人口減少が加速していく中、総住宅数が総世帯数を上回り、その差が開いていることが、空き家増加の大きな理由です。跡継ぎがいない高齢者が空家のままにしてしまう場合や、相続で実家を引き継ぐ人がいて、そのままの状態にしている方もいます。

建物を解体して更地の状態で所有すると、固定資産税が増えてしまうため、とりあえず建物を残しているという方が多いです。

空き家所有による問題

空き家を所有している人は、相続で実家を引き継いだ人が多いです。実家の売却を考えても、築年数が古いため売れず、そのままの状態で貸し出そうと思っても借り手が見つからず、更地にしたくても解体費用が支払えず取り壊しが行えず、そのままの状態にしているという方も珍しくありません。

このような住戸は適正に管理されておらず、雑草が生い茂るなど状況は悪化していることが多いです。そのため、空き家問題は、近年、社会問題にもなっているのです。

また、空き家は所有しているだけでも、固定資産税を支払わなければいけないため、所有している空き家は有効活用した方が良いのです。

しかし、実際に、どのように活用すれば良いか分からないという方が多いのが大きな問題となっています。

問題化されている空き家のタイプ

総務省「住宅・土地統計調査」では、空き家は「賃貸用」「別荘用」「売却用」「その他」の4つのタイプに分類されています。それぞれ、どれぐらいの割合を占めているのかを確認しておきましょう。

1.賃貸用

新築住宅・中古住宅に関わらず、賃貸住宅で空き家の状態になっている住宅のことをいいます。総務省「平成30年住宅・土地統計調査特別集計」によると、空き家全体の50.9%の割合を占めています。

2.別荘用

週末や長期休暇の際にバカンス目的として使用される別荘や別宅のように、普段は人が住んでいない住宅のことをいいます。総務省の同集計によると、空き家全体の4.5%の割合を占めています。

3.売却用

新築・中古を問わず、売却目的として目的として空き家になっている住宅のことで、総務省の同集計によると、空き家全体の3.5%の割合を占めています。

4.その他

賃貸用・別荘用・売却用以外の中古住宅のことをいいます。相続をした後に、取り壊すことができずに、そのままに放置している住宅などを指します。全体の41.1%を占めていて、最も増加傾向にあるタイプです。

空き家の活用方法

空き家の活用方法を相談している家族
増え続けている空き家ですが、有効活用するにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、空き家の活用方法をご紹介します。

賃貸物件として貸す

空き家のリフォームなどをせずに、収益を上げたい方におすすめの方法は賃貸です。比較的キレイな状態の家であれば、賃貸で貸すことができます。近頃は、田舎暮らしが見直されており、都市圏からの移住も増えてきています。田舎暮らしでは、アパートなどの集合住宅よりも戸建てを希望する人が多くいるため、意外に需要はあるのです。

シェアハウスとして賃貸&別荘に貸す

核家族化が進んだ現在では、家族連れにすら、田舎の空き家は広すぎることがあり、賃料の安いシェアハウスにも需要があります。長期契約の賃貸であれば、入居者が退去しなければ修繕工事はできませんが、民泊であれば、得た収益で定期的にリフォームを行い、自宅に価値を付与できます。

空き家をビジネス活用

空き家に投資して、リノベーションやデザインで収益を生み出す空き家ビジネスを検討する方は多いかと思います。修繕費用などがかかりますが、ビジネスとして成立すれば、大きな利益が得られるでしょう。

解体して土地活用

家が古すぎて活用するには難しいという場合は、更地にして土地活用することもできます。また、空き家は管理されていないと行政指導の対象になる恐れもあり、その煩わしさから解放されたいという方も土地にすることをおすすめします。

更地に戻すことで、賃貸住宅・駐車場経営・太陽光発電ビジネスなど活用方法の選択肢は広がります。

駐車場
駐車場経営は儲かる?経営方法やメリット・デメリットを解説土地活用の中でも、初期費用が安く抑えられる駐車場経営は、儲けられるのでしょうか?不動産所得のように安定した不労所得が得られるのでしょうか?この記事では、駐車場経営のメリット・デメリットについて解説します。...

空き家を売却

買い手が見つかりやすく流通性のある物件で、価格次第で空き家を売却しても良いと思える場合には、売却の検討もおすすめします。空き家の売却は、空き家や土地などの不動産を現金に変えるだけなので、簡単に収益化することができます。

不動産は流通性が低い資産で、使い道の限定されない現金の方が圧倒的に資産運用の自由度が高いからです。

空き家問題化している住宅の探し方

ネットで空き家を探す女性
問題になっている空き家を活用して、不動産投資を行いたいという方もいるでしょう。もし、空き家を所有していない方が、空き家投資を始める場合は、どのように空き家を探せば良いのでしょうか?ここでは、空き家問題化している住宅の探し方をご紹介します。

地域を歩き回って探す

賃貸経営を行いたいと思う地域を回り、空き家を探してみてください。景観や利便性の希望の立地など条件に見合った空き家を見つけたら、近所の人から所有者の連絡先を聞きましょう。唐突に訪ねてしまうと、不審者に間違われるかもしれないため、空き家投資に活用できる住宅を探している旨を説明してください。

ネットワークから空き家情報をもらう

豊富なネットワークを持っている不動産会社から、空き家情報を受け取るのも1つの方法です。また、ネットワークを持っておけば、意外な場所から、空き家情報が入手できます。

例えば「祖母が亡くなって、使用しない住宅を相続することになった」と会話から出てくることもあるでしょう。そのため、空き家情報を得るために、常にアンテナを張っておくことが大切です。

空き家バンクを使用する

全国の自治体や不動産会社の間で、空き家を巡回して状況報告を行う「空き家の見守り運動」が開始されています。また、空き家バンクという空き家情報を収集し、所有者と利用希望者をマッチングするポータルサイトが運営されています。

インターネットで「空き家バンク」と検索すると、さまざまな空き家情報が掲載されているポータルサイトがヒットします。この空き家バンクを利用すれば、手軽に空き家情報の検索ができるため、定期的に閲覧をして情報収集しましょう。

投資用不動産の探し方
投資用不動産の情報収集力が成功の鍵!おすすめポータルサイト5選不動産投資の失敗と成功を左右するのは、情報収集力です。そのため、マンションやアパートなどの投資用不動産の情報が掲載されているポータルサイトを利用しましょう。この記事では、おすすめのポータルサイトをご紹介します。...

まとめ

2018年に発表された空き家数は過去最高の848万戸になり、これらは、全国の住宅の13.6%に相当します。日本は、少子高齢化社会のため、今後も空き家は増え続けていくでしょう。

従って、空き家対策が検討され始めているのです。

これらの空き家を上手に活用することによって、新たなビジネスが成立したり、収益を生み出す可能性もあるのです。活用方法は、実にさまざまです。そのため、上手に活用したいという方はプロに相談をしてみましょう。

少額からはじめる空き家不動産投資の秘訣