はじめる

資産がなくてもセミリタイアは実現できる?

テラスでお茶を楽しむ夫婦

仕事ばかりの生活に終止符を打ちたいとセミリタイアを夢見る人もいるでしょう。しかし、セミリタイアを実現するためには、多額の資金が必要になるため夢物語で終わりにしてしまう人も多いです

果たして、本当に夢物語なのでしょうか?

近頃は、20代・30代の方でもセミリタイアをする人もいます。
セミリタイアをしても暮らしていける仕組みを、どのように作っているのでしょうか?

今回は、セミリタイアの仕組みづくりに、おすすめの投資方法をご紹介します。ぜひ、セミリタイアを計画している方は、この記事を参考にしてみてください。

セミリタイアとは

セミリタイアとは、仕事を辞めても生活できる貯金を蓄えたり不労所得を得たりして、働かずに生活するライフスタイルのことをいいます。

従来は、定年前の40代・50代の方が早期退職することをセミリタイアと呼んでいました。しかし、インターネット収入などの登場によって、20代・30代でもセミリタイアする人が増えてきています。

セミリタイアを希望する3つの理由

労働者
定年まで働かずにセミリタイアを希望する人が増えてきていますが、なぜ、セミリタイアを希望するのでしょうか?ここでは、セミリタイアを希望する理由についてご紹介します。

ブラック企業に働き続けたくない

企業の中には、ブラック企業も存在します。ブラック企業ではなくても、営業職は厳しいノルマが設定されていることが多いです。

20代の頃は体力があるため、厳しいノルマでも大変だと感じなくても、40代・50代に体力が衰えて続けていくのは難しいと感じる方も増えています。高収入の仕事だけど長く続けられないと感じた方が、セミリタイアに向けて準備を始めるケースが多いです。

田舎の暮らしに憧れている

子どもが独立するまでは教育費を稼ぐためにバリバリと働きたいけれど、住宅ローンや教育費を払い終えたら、のんびりと暮らしたいとセミリタイアを計画する方もいます。

夫婦で農業を始めて自給自足の生活に憧れている方も増えてきており、田舎に暮らす若者も増えてきています。田舎暮らしブームによって、セミリタイアを計画する人が増えてきているのです。

人付き合いから解放されたい

仕事の悩みで多いのが「人間関係」です。人付き合いが苦手で悩んでいる人は、会社に出社をするだけで気分が憂鬱になってしまうでしょう。このような状態から解放されて、自由になりたいと思っている方もセミリタイアを計画し出します。

近頃は、インターネットビジネスで収入を得やすくなっているため、インターネットビジネスの収入で生計を立てる20代・30代も増えてきています。

セミリタイアをするために準備すること

資産計画を見ている夫婦
セミリタイアの理由について説明しましたが、実際に計画している方もいるでしょう。セミリタイアしても安定した暮らしを送るためには、事前準備が必要です。何を準備すれば良いのでしょうか?ここでは、セミリタイアをするために準備することについて解説します。

1.資産を蓄えておく

総務省統計局の調査によると、1人暮らしの1ヵ月の生活費は約17万円です。また、厚生労働省の発表によると、女性の平均寿命は約87歳、男性の平均寿命が約81歳です。この数値で単純計算するだけで、必要最低限の貯金額を把握できます。

例えば、35歳の男性がセミリタイアする場合は「17万円×12ヵ月×46年間=9,384万円」です。約1億円以上の資産を蓄えておけば、セミリタイアしても安心して暮らすことができます。

2.不労所得を得るために投資を始める

1億円の資産を蓄えられる人は少ないはずです。そのような方は、不労所得を得るために投資を始めてみましょう。

投資方法は、株式投資・FX・不動産投資など、さまざまな投資方法があります。その中でも、不動産投資は安定した収入が得やすいと人気の投資方法です。1棟アパート経営で、毎月30万円の家賃収入が得られれば、セミリタイアしても問題なく暮らしていくことができるでしょう。

3.セミリタイア後の生活費を計算しておく

総務省統計局の調査では、1人暮らしの1ヵ月の生活費は約17万円となっています。しかし、ライフスタイルによって、必要な生活費は異なります。そのため、セミリタイアする前に1ヵ月の生活費を算出してみましょう。その結果、働かなくても生活できるようであれば、セミリタイアをしても問題ありません。

セミリタイア準備で「空き家投資」がおすすめの理由

セミリタイアをするために、不労所得を得るために投資する人が増えています。さまざまな投資がありますが、その中でも注目を集めているのが「空き家投資」です。なぜ、空き家投資が注目を集めているのでしょうか?ここでは、空き家投資の魅力について詳しく解説します。

少額の自己資金で始められる

どのような立地の空き家を購入して、どのような修繕を行うかでも変わりますが、空き家投資は少額の自己資金で始められます。そのため、不労所得を得るために不動産投資を始めたいと考えているサラリーマンの方に空き家投資は人気を集めています。

不動産投資を始めれば、誰でも簡単に成功できるわけではありません。失敗してしまう可能性もあります。

しかし、少額の自己資金で始められる空き家投資であれば、失敗したとしても少ない損失で済みます。ローリスク・ハイリターンが見込める投資方法として、空き家投資は人気を集めているのです。

高利回りが実現しやすい

空き家投資を行えば、賃貸経営や民泊経営が始められます。賃貸市場では戸建の供給が少ないため、比較的入居者募集がしやすいです。また、戸建てにはファミリー層が住むため長く定住してもらえます。そのため、空室リスクや家賃下落リスクの心配が少なく、不動産投資初心者でも始めやすい賃貸経営として人気があります。

また、民泊経営の需要も伸びていて狙いどころです。政府は、訪日外国人旅行者を2030年までに6,000万人に伸ばすと目標を立てています。そのため、都心部の宿泊施設には需要は増加しています。空き家で民泊経営を始めれば、10%以上の高利回りを実現することも夢ではありません。

再開発地域の空き家は出口戦略が立てやすい

空き家を購入すれば、建物と土地の所有権が得られます。しかし、放置されている空き家は評価が低い地域にあることが多いです。また、老朽化しているためリフォームする必要があります。このようなデメリットがありますが、再開発が期待できるエリアの空き家に投資をすれば、非常に割の良い投資になります。

例えば、墨田区にスカイツリーが完成したことで、下町に散在していた空き家を買い占める動きが出て価格が高騰しました。そのため、再開発地域の空き家を狙って出口戦略を考えておくと、インカムゲインとキャピタルゲインの両方を得ることができます。

東京で注目のプラットフォーム株式会社の空き家投資五反田にあるプラットフォーム株式会社の空き家投資が高い利回りを実現できる として、サラリーマンから注目を集めています。この記事では、2019年5月から サービスが提供されたばかりのプラットフォームの空き家投資情報を先取りして 解説します。...

家賃収入が得られる不動産投資ならセミリタイアも夢じゃない

セミリタイアをして田舎暮らしした夫婦
今回は、セミリタイアの方法について解説しました。セミリタイアするためには、働かなくても暮らしていける資産が必要です。しかし、多額の資産を蓄えられる人は多くはないでしょう。

資産がなくてもセミリタイアする方法として「投資」があります。毎月安定した家賃収入が得られる不動産投資を始めれば、セミリタイアも夢ではなくなります。そのため、セミリタイアを検討している方は、不動産投資を始めてみてはいかがでしょうか?

不動産投資の中でも「空き家投資」であれば、高利回りを実現できます。ぜひ、不労所得を得る方法を模索している方は、下記のサイトを参考にしてみてください。

少額からはじめる空き家不動産投資の秘訣