はじめる

ビルオーナーになるために必要なノウハウ[準備・購入・運営]

ビルの模型

人生100年時代の到来を見据えて、不労収入を得ようと不動産投資を始めるサラリーマンが増えました。

他の副業と比較すると、不動産投資運用を不動産会社に任せることもできて本業に支障が出ないことが人気を集めている理由です。また、長期的な運営が必要になりますが、投資の中では大きな損失が出にくいのも不動産投資の魅力です。

しかし、区分マンションやアパートなどの賃貸経営は、ローリスク・ローリターンで高い利回りを得ることはできません。もう少し高い利回りを得たい方から、人気を集めているのがビル経営です。

ビルオーナーになりたいと思っている方もいるのではないでしょうか?
実際になるためには、どうすれば良いのでしょうか?

この記事では、ビルオーナーになるために必要なノウハウをご紹介します

ビルオーナーになるためには-準備編-

ビル物件の説明を受ける老夫婦
まずは、ビルオーナーになる前に準備しなければいけないものをご紹介します。

Q.必要な資格はあるのか?

ビルオーナーになるために、必要な資格はありません。誰でもビルオーナーになることができます。実際に、両親が経営していたビルを相続で引き継ぐ人も多くいます。そのため、ビルオーナーになるための必要資格はありません。

宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・マンション管理士・管理業務主任者などの資格を保有していたら、ビル経営に役立つことはありますが、資格保有者だからビル経営が成功するわけではありません。

Q.必要な初期費用はどれぐらいなのか?

投資用物件は、不動産投資ローンを利用して購入することができます。1,000万円程度の不動産であれば、5%程度の頭金を準備することができれば、投資物件を購入することが可能です。1,000万円の5%は50万円であり、経費や保険料などの運営費用として50万円程度が必要となるため、初期費用として100万円は所持しておくと安心です。

不動産投資ローンを借りて始めることになりますが、融資申込者の年収だけではなく、収益物件の収益性も融資審査項目に入るため、年収の10倍~20倍の上限金額のローンを借りることもできます。そのため、初期費用が用意できないと悩んでいる方も不動産投資を始めることができるのです。

Q.ビルオーナーに関する情報はどこで学べるか?

ビル経営を成功させるためには、不動産投資に関する税金や確定申告に関する基礎知識を身につけておきましょう。また、不動産投資には家賃下落・修繕・金利などのさまざまなリスクが存在するため、不動産投資に関する学習を劣らないようにすることが大切です。不動産投資の知識はセミナーで学ぶことができます。

不動産投資に関する書籍を読むことでも勉強できますが、不動産投資に関する有力な最新情報を得たり、人脈を築くためには、1人で学ぶよりも不動産投資セミナーなどで学んだ方が得られるものが多いのです

ビルオーナーになるためには-購入編-

空きビル
ビルオーナーになるための準備が整ったら、投資物件を購入します。実際にどのような物件を購入すれば良いのでしょうか?どのような流れで購入するのでしょうか?ここでは、投資用物件の購入方法についてご紹介します。

Q.投資用物件の選び方のポイントは?

投資用物件は、立地選びが大切です。ビルオーナーで成功するためには、ビル経営で収益を上げる必要があります。テナントで貸し出す場合は、都内の駅から徒歩5分以内であれば多くの需要があります。また、周辺環境に銀行や郵便局、コンビニなど便利な施設があるほど需要が高くなる傾向があるので、周辺環境は入念に調査をしましょう。

また、不動産価格は変動します。そのため、不動産価格が下落しているときに不動産投資を始めるというのも1つの方法です。

Q.投資用物件購入時の心得とは?

不動産投資で成功するために大切な心得は、自分自身で判断・決断することです。全てを不動産会社にお任せする行為は大変危険です。必ず儲かる話などは存在しないため、うまい話を信用しないようにしましょう。また、投資用物件を購入する前には、収支シミュレーション計画表を作成しますが、計画は最低を想定しておくと大きな損失を防止できます。

繰り返しになりますが、不動産投資で成功するためには判断・決断力が求められます。そのため、不動産投資セミナーなどに参加をして積極的に学習していくことが大切です

Q.投資用物件の購入方法の流れは?

投資用物件の購入の流れは下記の通りです。

  1. 予算と物件条件を決める
  2. 投資物件を決めて現地調査を行う
  3. 不動産会社に契約したい旨を伝える
  4. 買付証明書を提出して買い付ける
  5. 銀行で融資審査を受ける
  6. 売買契約書を締結する
  7. 金銭消費賃借契約書を締結する
  8. 物件の引き渡しを行う
  9. 管理会社や保証会社と契約する
  10. ビルオーナーになるためには-運営編-

Q.想定しなければいけないリスクとは?

ビル経営を行う場合は、さまざまなリスクを想定しなければいけません。想定できるリスクは下記の通りです。

ビル経営に関するリスク
  • 金利上昇リスク
  • 稼働率低下による収入減少
  • 建物の経年劣化
  • 震災や火災による倒壊
  • 入居者トラブル
  • 各種契約関係トラブル
  • テナント立ち退きや隣地境界等の権利関係交渉

Q.ビルオーナーが失敗する原因は?

ビル経営に失敗するビルオーナーは、いざという時のためにできることを疎かにしてしまう人です。建物は築年数に応じて経年劣化していくものですが、管理を丁寧にしておけば修繕費を抑えることもできます。しかし、失敗をしてしまうビルオーナーは、このような管理を疎かにしてしまいがちです。

また、不動産投資は入居者や近隣住民、管理会社とのコミュニケーションも必要となります。日頃から、周囲の人とのコミュニケーションを持つことでトラブルを避けることができますが、疎かにして失敗してしまう方が多いです

Q.ビル経営を成功させるために必要なことは?

ビル経営を成功させるためには、信頼できるパートナー選びが大切です。ビル経営に関する豊富なノウハウを持っており、相談しやすいビル管理会社と付き合うことができれば、心強さを感じることができるでしょう。

また、不動産投資の施策が成功するかは、サポート会社の手腕も大きく影響します。そのため、経営面から安心してサポートしてもらえそうな会社かどうかを見極めるようにしましょう。管理手数料の安さでサポート会社を選ぶ人もいますが、価格を基準に選んでしまうと失敗の原因となります。

信頼できるサポート会社と不動産投資の学びが大事

不動産投資のシュミレーション
この記事では、ビルオーナーになるために必要なことを解説しました。ビルオーナーになるために資格は必要ありませんが、ビルオーナーで成功するためには、積極的に学習していく姿勢が大切です

とても信頼できるパートナー選びも大切ですが、すべてを不動産会社に任せきりにしてしまうのは失敗する原因にもなり得ます。

投資は「必ず成功する」という保証はありません。そのため、不動産投資に関する知識を身につけて、最終的には自分で判断して決断できるようにしましょう。

自分自身でも不動産投資に関する知識を身につけておき、信頼できるサポート会社を見つけることができれば、安心できます。ビルオーナーになろうと思っている方は、不動産投資セミナーに参加をして知識を深めてください

【PR】不動産投資セミナー

セミナー情報ドットコムで不動産投資セミナーを探す

人気の不動産投資セミナーです。東京・大阪・福岡など首都圏を中心に多くの不動産投資会社さんのセミナーが開催されています。不動産投資を始める前に是非勉強して下さい。