入居希望者と電話をする大家さん

賃貸経営を行う際に、入居者募集で苦戦する人も多くいます。不動産仲介会社に入居者募集業務を依頼しても、なかなか入居者が決まらないと悩む方も少なくありません。空室期間が長くなり、安定した家賃収入が得られなければ、賃貸経営も赤字になってしまいます。

実は、入居者募集方法は、不動産仲介会社に依頼するのが最善策とは言えません。不動産仲介会社に依頼して安心するのではなく、大家自身でも直接入居者募集を始めたりして、募集窓口を広げることが、早期契約には必要です。

大家による入居者直接募集はどのように行えば良いのでしょうか?また、入居者直接募集をする場合は、どのような点に注意しなければいけないのでしょうか?ここでは、大家による入居者の直接募集の方法についてご紹介します。

大家による入居者直接募集の特徴

賃貸経営を始める際に、入居者募集方法を考えていかなければいけません。一般的には、不動産仲介会社に入居者募集業務を委託するものですが、大家が直接募集する方法もあります。空室期間を延ばさないためにも、入居者募集で行えることは全力で取り組みましょう。

直接募集には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?ここでは、大家による入居者の直接募集の特徴についてご紹介します。

大家が入居者を直接募集するメリット

入居者募集を不動産仲介会社に手伝ってもらう場合は、仲介手数料が発生します。仲介手数料は、家賃1ヵ月分であるケースが多いです。家賃1ヵ月分でも賃貸経営で負担は大きく感じられるでしょう。また、広告宣伝費も必要になります。

大家が入居者を直接募集できれば、不動産仲介会社に支払わなければいけない仲介手数料を節約することができます。このように、入居者募集にかかるコスト削減が行えることがメリットです。友人などに物件を貸すことができれば、仲介手数料を支払わずに済むため、不動産投資家は人づきあいを大切にしておきましょう。

大家が入居者を直接募集するデメリット

入居者募集のコスト削減ができますが、入居者募集を自分で行わなければいけません。家族や友人の紹介などの諸事情を除いては、入居者募集のハードルは高くなりがちです。しかし、マッチングサービスなどが登場してきたことから、このハードルは低くなってきています。(具体的なマッチングサービスは後述します。)

また、入居希望者からのお問い合わせの対応や契約書作成までの業務も自分で行わなければいけません。万が一、契約書に不備があれば、入居者側とトラブルに発展しまう恐れもあるため注意しましょう。

補足:入居者側と交渉し合えるのも魅力

不動産仲介会社に入居者募集を依頼すると、お問い合わせ対応や契約書作成までをワンストップで依頼することができます。オーナー側は、入居者募集業務を委託できるため、手間が省けます。

しかし、大家が入居者を直接募集すれば、入居者側と交渉し合えるのも魅力です。入居者側の要望を受け入れることで、早期の成約が見込めたり、良好な関係を築くことができれば、長期的に住んでもらえます。

入居者直接募集で大家が得られること

不動産仲介会社に入居者募集業務を委託できますが、一概に、それが最善策とは限りません。大家自身が入居者募集を行うことで得られる効果もあります。ここでは、直接募集で大家が得られる効果をご紹介します。

経営コストが削減できる

繰り返しになりますが、自ら入居者募集を行えば、仲介手数料を支払わずに済みます。仲介手数料は、家賃収入1ヵ月分程度ですが負担に感じる方もいるでしょう。家賃1ヵ月分の経費を削減できれば、賃貸経営も黒字化しやすいです。

このように、広告宣伝費や仲介手数料の費用を節約できることが、直接募集で得られる大きな効果です。

賃貸経営の理解が深められる

入居者募集業務を不動産仲介会社に委託することもできますが、丸投げをすると賃貸経営に関する知識を蓄えることができません。

自分で入居者募集をしてみることで、問い合わせ対応や契約書作成に関する知識を身に付けることができます。このような知識を蓄えていけば、入居者募集の戦略が立てやすくなるでしょう。

空室期間を短くできる

不動産仲介会社に入居者募集業務を委託するのと同時に、自主客付けもすることで、空室期間を短くすることができます。賃貸経営で成功するためには、空室期間を可能な限り短くすることが大切です。そのため、入居者募集の窓口を広げておけば、空室期間を短くすることができるでしょう。

大家が入居者を直接募集できるサイト3選

大家が入居者を直接募集するメリットとデメリットについてご紹介しました。少しでも、コスト削減をしたい方は、入居者を直接募集できるサイトを利用してみましょう。ここでは、おすすめの入居者募集サイトをご紹介します。

ウチコミ!

(出典元:https://uchicomi.com/)

ウチコミ!は、大家が物件情報を掲載できる賃貸専門サイトです。ウチコミで申込みがあった場合は、エージェントが対応してくれるため、業務に追われることはありません。

成約時には、エージェントに家賃1ヵ月分の報酬を支払わなければいけませんが、入居者募集の窓口を増やしたいという要望に応えてくれるサイトです。実際に、ウチコミを利用した人の中には「入居者募集の反響が1.5倍に伸びた」という口コミもあります。そのため、早期契約を希望する方におすすめのサイトです。

直談.com

(出典元:https://www.jikadan.com/)

直談.com(じかだん)は、不動産大家がエンドユーザーに対して直接広告を掲載できる全国対応の不動産情報サイトです。不動産大家が入居者の集客をすることを可能にしたサイトとして注目を集めています

パソコンが苦手な方でも、物件登録から計算方法までサポートしてもらえるので安心できるはずです。また、直談は広告掲載料を支払うだけで、物件成約時には仲介手数料がかかりません。物件1件で1,000円/月の掲載料が必要です。

ジモティー

(出典元:https://jmty.jp/)

ジモティーとは、地域密着型のクラシファイドサービスです。お金を払わずに利用できる掲示板で、地域の人と簡単に繋がることができます。そのため、近くに住んでいるユーザー同士で直接取引が行えます。

このジモティーで、入居者募集をする不動産オーナーもいます。ジモティーは賃貸専用のサイトではないため、入居希望者からの問い合わせや契約書作成までを自分で行わなければいけませんが、成約すれば仲介手数料や広告宣伝費を省くことができます。そのため、賃貸経営のコスト削減をしたいとお考えの方におすすめのサイトです。

賃貸経営を成功させるために日頃からネットワークを大切に

内覧対応をする大家さん
この記事では、大家が入居者を直接募集するメリット・デメリットについて解説しました。

大家みずから入居者募集を行えば、賃貸経営コストが削減できるだけではなく、賃貸経営に関するノウハウを蓄えることができるため、ぜひ挑戦をしてみましょう。近頃は、大家と入居者をつなぐプラットフォームも登場しています。これらのプラットフォームを活用すれば、早期契約も実現することができるでしょう

大家による入居者の直接募集は、家族や友人、知人からの紹介であるケースも多いです。安定した賃貸経営を行うためには、日頃からネットワークを大切にしましょう。不動産投資セミナーは、知識を深めるだけではなく、物件を所有する大家同士のコミュニティ構築の場でもあります。有益な紹介なども生まれる機会なので、ぜひ参加してみてください。

これから投資を始める人の不動産投資セミナー

不動産投資に興味をもったら、セミナーへの参加をおすすめします。
有益な情報は投資家同士や不動産会社とのつながりの中で連携されていることが多く、成功大家さんが講師の場合は、著書では書き残すことができないような、セミナーだけで教えてもらえるマル得情報があったりもします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事