土地活用

土地活用で駐車場経営ってどうなの?向いている人の特徴を公開

駐車場

「親から土地を相続したけれど、所有しているだけでは固定資産税を払うだけ…」
「どうにかして土地を有効活用することはできないだろうか…」

と悩んでいる方も多いようです。

最初に賃貸経営を考える人が多いですが、アパートや戸建住宅の建築費用が捻出できないと断念する方もいます。そのような方でも、空き地を有効活用して不労所得が得られる方法が「駐車場経営」です。実際に、駐車場経営で収益を上げているオーナーも数多くいます。

しかし、不労所得を得ずに土地を売却する方法も1つの手段です。

✅ 売却が良いのでしょうか?
✅ 駐車場経営が良いのでしょうか?

この記事を読めば、駐車場経営を始めるべきかの判断材料になるはずです。ぜひ、土地活用でお悩みの方は、この記事を参考にしてみてください。

土地活用で駐車場経営を選ぶべき人

パソコンで土地活用を検索する男性
土地活用は、アパート経営や戸建住宅経営などがありますが、駐車場経営はどのような人に向いているかを確認しておきましょう。

初期費用をかけたくない人

相続した土地を所有している場合は、固定資産税を支払わなければいけません。そのため、売却を考えていない方は、土地活用をして収益を得た方が良いです。土地活用すれば、不労所得が得られて、私的年金を得られて、老後でもお金の心配をすることもなく安心して暮らすことができます。

しかし、アパートや戸建住宅で賃貸経営する場合は、高額な建築費用が必要です。初期費用をかけずに土地活用したい方もいるでしょう。そのような方におすすめの土地活用方法が駐車場経営です。

コインパーキングで運営する場合は精算機などが必要になりますが、月極駐車場であれば、初期費用をかけることなく経営ができます。

そのため、建築費用を捻出することができないという方も人気を集めている土地活用方法です。

将来に対して不安を感じやすい人

アパート経営などの賃貸経営は、将来に対して不安を感じやすい人には向きません。賃貸経営は、数千万円にもなる住宅ローンを借りて経営を行わなければいけません。少しずつ返済していく形になりますが、空室や家賃下落のリスクも発生します。経営難に陥ることもあるので注意しなければいけません。そのため、不安を感じやすい人には不向きの土地活用方法です。

その一方で、駐車場経営は初期費用がかかりません。万が一、経営が上手く行かなければ、土地売却をすれば良いだけです。多少の損失は発生しますが、大きな損失は発生しません。

そのため、将来に対して不安を感じやすい方が向いていると言えるでしょう。

短期間だけ土地活用したい人

さまざまな事情がありますが、短期間だけ土地活用したいという方もいるでしょう。駐車場経営は簡単に更地に戻すことができるため、思い立ったときに売却することもできます。相続内容を決めるまで、土地活用したいという方も多いですが、土地所有しているだけでは固定資産税を払わなければいけないため、駐車場経営をするという方も多いです。

法規上の理由で建築できない土地を所有している人

土地を所有していれば、好きな建築物を建てられると思う方もいますが、法規上の理由で建築が認められていないこともあります。このような土地の所有者で土地活用を考えている方にもおすすめです。

空きスペースを活用したい人

土地面積が広い場合、アパートや戸建てを建築してもスペースが余ることがありますが、このようなスペースも活用することができます。近頃は、車を所有しない世帯が増えてきていますが、駐車スペースを他の人に貸して収益を得ることができるので不労所得を得たい方にピッタリです。

土地活用で駐車場経営を始める際のステップ

土地活用のアドバイスを受ける女性
実際に、駐車場経営を始める場合は、どうすれば良いのでしょうか?ここでは、始めたい場合のステップをご紹介します。

1.所有地の敷地条件で駐車場経営ができるか確認する

所有する土地の特徴によって、駐車場の向き不向きがあります。駐車場経営に向いている土地は、敷地に接する道路の十分にあり、車の出し入れがしやすいのが大前提条件です。また、車や人の従来が多ければ、比較的上手くいきやすいです。

2.所有地の周辺環境を調査する

駐車場経営が失敗に終わる要因は、事前の周辺環境調査不足です。近頃は、公共交通機関が発達した影響もありマイカーを所有しない人も増えてきました。そのため、一部都心では駐車場の需要がそれほど多くないことも例外的にあります。

また、需要があるエリアでも、競合駐車場の料金設定次第では、稼働率は悪化して経営難になってしまいます。そのため、駐車場経営を始める場合は、周辺駐車場の料金相場など、しっかり調査を行いましょう。

3.経営方法を決める

駐車場経営には、「月極駐車場」と「コインパーキング」の2つの種類があります。また、経営方法も「自主管理」「管理委託方式」「一括借上方式」があります。どのような方法で行うかを考えてみましょう。

4.委託先を決める

小規模な駐車場の場合は、自分で経営することもできます。しかし、駐車場経営ではトラブルがつきものです。トラブルは迅速に対応しなければいけないため、自分で対応するのは難しいです。そのため、委託先を見つけましょう。委託先は、過去の実績を踏まえた事業計画の提案や、経営サポートをしてくれる業者を探すと安心できます。

土地活用で駐車場経営を始める際に良くある質問

Q&Aのロゴモニュメント
最後に、駐車場経営を始める際に良くある質問をご紹介します。

Q:月極駐車場とコインパーキングのどちらが良いですか?

商業施設がある場合はコインパーキングの稼働率が上がるので収入は増えます。その一方で、住宅地では月極駐車場のニーズが高く空室率は低くなります。そのため、周辺環境を調査して、需要と供給を良く見極めてください。

Q:委託先の決め方を教えてください

駐車場の委託先は、最初から一社に決めずに相見積りで比較検討してもらってください。駐車場の賃料相場は、委託業者によって変動します。そのため、賃料の平均相場を把握するためにも、複数の業者に相談してください。過去の実績や担当者が信頼にあたる人物かを良く見決めて委託先を決めましょう。

Q:総合的に土地活用を比較したい場合はどうすればいいですか?

土地活用で駐車場経営はお手軽な方法ですが、土地活用で高利回りを得たいとお考えの方は、入念に土地活用方法を検討してください。それぞれの土地活用で、どれだけの収益が得られるのだろうかと疑問を感じた場合は、一括見積もりサイトが便利です。

一括見積もりサイトであれば、それぞれの土地活用のシミュレーション計画を入手できます。ぜひ、土地活用に悩んだ場合は、一括見積もりサイトを利用してみてください。

土地活用や駐車場経営に関する知識をつけよう

不動産投資セミナー講師
この記事では、駐車場経営について解説しました。

さまざまな土地活用の中でも、駐車場経営はお手頃な方法です。しかし、都心部の交通アクセスの発達などによって、駐車場の需要も減ってきているため、経営前には徹底した市場調査が必要となります。

土地活用で一番大切なことは、自分自身で土地活用に関する知識を積極的に学んでいく姿勢です。そのため、土地の所有者は、不動産セミナーに参加をして「どのような土地活用方法が良いのだろう?」と一度、じっくり考えてみてください。