土地活用

田舎の土地活用は難しい?おすすめの土地活用方法7選

田舎の風景

田舎の土地を受け継ぐ人は多いですが、上手に活用できずに空き地のまま放置している方も多いです。しかし、空き地を所有しているだけでは、高い税金が請求されてしまいます

そのため、田舎の土地をお持ちの方は土地活用を検討してみてはいかがでしょうか?
田舎の土地活用は難しいと言われていますが、土地活用方法のコツを掴めば、高い収益を実現するのも夢ではありません。

この記事では、おすすめの田舎の土地活用方法について解説します。

田舎の土地活用が難しい理由

田舎の風景
一般的に田舎の土地活用は難しいと言われています。それは、何故なのでしょうか?ここでは、田舎の土地活用が難しい理由について解説します。

集客力が低い

田舎は都会と比較すると人口が少ないです。若者は田舎から都会に出てきており、田舎の過疎化が進んでいます。過疎化は深刻化しており、社会問題にもなっているのです。

そのため、賃貸経営や駐車場経営をしても、入居者・契約者が見つけにくいなどの集客の問題が出てくるかもしれません。都会の土地活用方法と同じで捉えていると、事業計画通りに進まなくなってしまうので注意してください。

ビジネスとして利用しにくい

田舎には、市街化調整区域や農地など法律で経済活動が規制されている土地が多いです。このような土地は、自分の好きなように土地活用ができません。そのため、収益を生みにくい土地であり、土地活用に不向きだと敬遠されがちです。

地形に問題がある

田舎の土地は、山岳地など地形に問題がある場合が多く、整地費用や造形費用がかかります。後述しますが、多額の費用がかかるため、土地活用で収益を得るはずが赤字経営になってしまう方も多いです。そのため、地形に問題がある土地を活用する場合は、整地費用や造形費用にいくらかかるのかを把握してみてください。

田舎の土地は敷地が広い

田舎の土地は、都会と比較すると1区画当たりの敷地が広いです。都心だと、1区画当たりの敷地が狭いため、駐車場の需要があります。しかし、田舎の家は複数台の自動車が停車できるほどの広い敷地があるため、駐車場経営の需要はほぼありません。

田舎のおすすめの土地活用方法7選

太陽光発電
土地活用が難しい田舎の土地でも、上手に活用すれば収益は得られます。次に、田舎のおすすめの土地活用方法をご紹介します。

太陽光発電

太陽光発電は、太陽光で発電した電気を電力会社に売買することで収益を得る方法です。太陽光発電は広い敷地が必要になるため、田舎の土地活用に向いています。

また、国がFIT制度(固定価格買取制度)を施行しているので、20年間は安定した収入が見込めることも魅力的。そのため、初期費用回収の収益計算などがしやすいです。さらに、太陽光発電は難しい知識は必要ありません。太陽光の定期的なメンテナンスは必要になりますが、業者にお任せすれば良いので、運営・管理の手間がかかりません。

賃貸併用住宅

集客力が低い田舎で、アパート経営や戸建経営をするにはリスクが伴います。しかし、賃貸併用住宅であれば、そのようなリスクも軽減できます。不動産オーナーが暮らしながら、賃貸収入も得られることが賃貸併用住宅の魅力です。賃貸併用住宅は、子どもが独立して、住居空間が余っている家を建て替えたいと検討している方に選ばれています。

資材置き場

田舎では、資材置き場として土地を貸し出す方法もあります。土地の近くで建設工事が行われていると、資材置き場として活用しやすいです。

資材置き場の魅力は、どのような場所でも重要があれば取り組むことができる土地活用方法ということです。また、初期費用もかかりません。田舎の地形の問題がある土地でも活用できるため、田舎の土地活用方法に適しています。

サービス付き高齢者向け住宅

2025年には団塊世代が75歳以上の後期高齢者になり、要介護高齢者人口が急増することが予想されています。そのため、介護施設の需要は高まっているのです。サービス付き高齢者向け住宅は急増しており、補助金や税制優遇も受けられる影響もあり、続々と建てられています。また、賃貸経営とは異なり、郊外の土地でも運営しやすいというメリットがあります。

トランクルーム

トランクルームは、その他の投資と比較すると少ない初期費用で始められるというメリットがあります。また、利回りも高いため、約5年程度で初期費用を回収できるとも言われている投資方法です。トランクルーム業者へ土地を定期借地する事業用定期借地方式もあるため、このような方式を選べば手間もかかりません。

民泊

田舎体験をしたい方が増えています。土間の玄関、梁の見える天井、縁側から見える風情、静かでゆっくり流れる贅沢な時間に喜びを感じる方も多いです。農村漁村での生活体験をしながら、民家等に宿泊する田舎体験が人気を集めています。そのため、観光名所があるのであれば、民泊経営にも適しています。

【民泊経営の始め方】手続きの流れと7つのルールを解説外国人旅行者が増加するに伴い、民泊経営を検討する不動産投資家が増えています。しかし、民泊経営を始めるに必要な手続きについて詳しく知っている人は少ないです。民泊で成功させるためには、正しい知識が必要となります。この記事では、民泊経営の始め方と手続き方法について分かりやすく解説します。...

サテライトオフィス

コロナウイルスの影響でリモートワークを実施する企業が増えました。働き方が大きく変わったため、地代家賃の負担を減らそうと田舎にサテライトオフィスを開設する企業も増えてきています。また、コアワーキングスペースが人気を集めているので、サテライトオフィスを建てて、民間企業に貸し出す方も増えてきています。時代に見合った土地活用であるのと同時に、税制優遇が受けられるというメリットがあるので注目を集めている土地活用方法です。

田舎の土地活用のポイント

土地と重機
次に、田舎の土地活用のポイントをご紹介します。

土地のまま所有すると高い税金がかかる

田舎の土地は活用が難しいですが、空き地の状態で所有し続けていると、高い固定資産税を払わなければいけません。土地に小規模住宅(200㎡)を建てた場合は、小規模住宅用地に該当するため、固定資産税が1/6に減額されるのです。そのため、高い税金を支払いたくない方は、土地活用を検討してみましょう。また、土地活用を考えられない方は、土地売却も1つの方法です。

地形によって整地費用・造形費用がかかる

田舎の土地は1区画が広いです。また、都会とは異なり1度も建物が建ったことがない土地もあります。このような土地を活用するには整地が必要です。土地の整地には、整地費用や造形費用がかかるので注意してください。見た目は平地の土地でも、造成が必要な場合もあります。

国や各自治体から補助金が出る場合もある

サービス付き高齢者向け住宅や太陽光発電の運営を始める場合は、国や各自治体から補助金を受けることができます。初期費用の一部を負担してもらえるので、補助金を活用すれば、高い利回りを実現することも可能です。そのため、補助金に関する情報の収集は怠らずにしてみてください。

田舎の土地でも上手に活用すれば高い利回りが実現できる

土地活用アドバイザー
今回は、田舎の土地活用方法について解説しました。田舎は1区画当たりの敷地面積が広く、過疎化が進行しているため、都会の土地活用と同じような土地活用方法では、失敗に終わってしまいます

しかし、田舎の土地でも上手に活用すれば、高い利回りを実現することができるのです。

空き地のまま所有しても高い税金を支払わなければいけません。そのため、ぜひ、田舎の土地をお持ちの方は、土地活用を検討してみてください。

不動産投資セミナーの中には、田舎の土地活用方法について学べるセミナーも用意されています。最新情報や補助金について学べるので、ぜひ、参加をしてみてください

【PR】不動産投資セミナー

セミナー情報ドットコムで不動産投資セミナーを探す

人気の不動産投資セミナーです。東京・大阪・福岡など首都圏を中心に多くの不動産投資会社さんのセミナーが開催されています。不動産投資を始める前に是非勉強して下さい。

少額からはじめる空き家不動産投資の秘訣