不動産売却

不動産一括査定のデメリットとは?損しない賢い使い方を解説

不動産セミナー講師のように黒板の前に立つ女の子

所有しているマンション・一戸建ての売却を考えていて、複数社の不動産会社を回るのは大変だと感じている方も多くいます。そのような場合に活用したい「不動産一括査定サイト」。

しかし、口コミをチェックすると悪い評判も多くあるため、「本当に安心して利用できるサービスなのか?」と心配になる方もいるでしょう。

結論から説明をすると、正しい方法で利用すれば、とても便利なサービスです。そのため、正しい使い方を把握しましょう。

この記事では、不動産一括査定のデメリットをご紹介します。ぜひ、不動産売却を検討している方は、この記事を参考にしてみてください。

不動産一括査定のデメリット

悩ましげにタブレットを操作する初老の男性
まずは、不動産一括査定を利用すると起こるデメリットをご紹介します。

地域特化の不動産会社が見つからない

不動産一括サイトは、全国各地の不動産会社が登録しているわけではありません。

掲載者数No.1を誇るイエウールで1,900社です。不動産会社は、全国で約120,000社存在をするため、不動産一括査定に登録している業者は、大手不動産会社をはじめ、一握りであることが分かります。

そのため、地方の不動産会社は参加していない可能性が高く、対象エリアに特化した不動産会社を希望をしているのに、的外れな業者を紹介されてしまうという可能性もゼロではありません。

しつこい営業電話を受ける可能性もある

不動産一括サイトで選出された不動産会社から、挨拶・説明・PRを目的として電話営業や電話メールが一斉に送られてきます。不動産会社は、他社よりも早く顧客と契約を結びたいため、電話をかけてくるのです。

そのため、無暗に査定依頼を出すと営業攻勢に対応する手間が増えてしまうため、不動産一括サイトは適切に利用するようにしましょう。

勧誘電話を切る
被害件数は1,350件!?悪質不動産会社の電話勧誘の撃退方法悪質不動産会社の不動産投資の電話勧誘による詐欺被害件数が増えています。平均被害総額も、2,776万円と高額な金額です。このような被害に巻き込まれないためには、どうすれば良いのでしょうか?ここでは、悪質不動産会社の電話勧誘の撃退方法について解説します。...

匿名では不動産査定してもらえない

不動産会社の無料査定は、不動産売却の見込み顧客(売主)を探すための営業活動です。そのため、匿名では利用できません。不動産一括査定サービスの中には、匿名査定を依頼できるサイトもありますが、売却の見込み度が低いお客様とみなされてしまい、査定価格の精度は低くなります。

そのため、興味本位で不動産査定額を知りたい方には向いているかもしれませんが、不動産売却を検討している方には不向きです。

机上査定は概算金額になる

不動産一括サイトの簡易査定は、入力された物件情報(立地・広さ・物件種別)に基づき、似た条件の不動産売却事例を参考にした概算金額です。そのため、物件の現況に応じて、簡易査定価格と現実の売却価格に大きな差が生じることもあります。そのため、簡易査定の提示価格は参考値と考えるようにしましょう。

どの会社の査定額が正しいか判断しにくい

現地調査のアポを獲得するために、現実より高い査定金額を提示する不動産会社もあれば、確実に売却可能な価格を提示する不動産会社もあります。そのため、査定金額の高さだけで不動産会社を選定するのではなく、根拠のある説明を丁寧にしてくれる信頼できる業者かを見極めてください。

しかし、大量の営業がかかってくるため、選び方が分からなくなってしまうという方も多くいます。

悪徳業者が紛れ込んでいる場合がある

不動産一括査定サイトには、数百社以上の不動産会社が登録されています。不動産会社の中には、査定価格の相場よりも高めな金額を提示して、媒介契約をとる業者も存在するので注意してください。このような悪徳業者は、積極的な売却活動を行わずに、直ぐに売却価格の値下げを提案してきます。

不動産一括サイトの中には、広告料や紹介料を得ることを重視して、苦情の多い悪徳業者を排除しない運営会社もあるため、業者選びだけではなく、一括査定サイト選びも慎重に行わなければいけません。

個人情報流出のリスクがある

不動産一括査定の口コミで見かけるのが「登録直後に100社程度の業者から電話が来た」というものです。このようなトラブルは、サイト運営会社も注意を払っていると思いますが、インターネットを活用する以上、個人情報流出のリスクは避けて通れません。

また、不動産会社は、地域の中で高く売れそうな家に目星を付けていることが多いです。そのため、その家が売却に出ると噂話が流れれば、営業がかけられてしまうのです。

媒介契約後の担当者が違う場合がある

不動産会社は担当者によって、成約率が変わります。信頼できる担当者に不動産売却を依頼したいという方もいるでしょう。しかし、不動産会社の中には、経験豊富なベテランの担当者が査定を行い、媒介契約後は経験の浅い担当者が赴任するケースも多いです。

そのため、媒介契約後に担当者が変わってガッカリしないためには、最後まで担当してもらえるかを確認しておきましょう。

不動産一括サイトの賢い使い方

不動産一括査定サイトを正しく使うチェックリスト
不動産一括サイトは、利用用途を間違えてしまうと大変な目に遭ってしまいます。しかし、正しい方法で利用すれば便利なサービスです。ここでは、サイトの賢い使い方をご紹介します。

不動産一括サイトを比較して検討する

悪質業者が登録されている不動産一括サイトを回避するためには、サイト自体の特徴や信頼性を調べてください。信頼性の評価基準は下記の通りです。

[比較ポイント]

  • サイトの運営歴
  • 運営事業者の会社関係
  • 責任者の経歴
  • 登録不動産会社数
  • 対応地域
  • 年間累計利用者数
  • 不動産査定件数の実績数
  • 不動産売却の制約件数の実績数
  • 情報セキュリティの高さ
  • 入力項目の内容

不動産情報は具体的に伝える

不動産査定金額は、入力された情報を基にして算出されます。そのため、情報が少なすぎてしまえば、正しく査定ができません。土地面積・建物面積・間取り・築年数など査定額に大きく関係する重要項目は、入力を間違えないように注意してください。

また、情報を具体的であるほど、査定金額と実際の売却金額の差額を減らすことができるため、可能な限り、情報は具体的に伝えてください。

要望は備考欄に明記しておく

不動産売却を考えている方の事情は、それぞれ異なります。家族に内緒で不動産を売りたいという方や時間はかかっても高値で売りたいなど、希望条件があれば要望欄に明記しておきましょう。

また、しつこい営業電話を避けたい場合は、備考欄に「日頃は仕事で忙しいため、連絡はメールで宜しくお願いします。」と記載しておくことをおすすめします。

営業電話を避けたい場合は、”日頃は仕事で忙しいため、連絡はメールでお願いします”と記載する

査定価格の高さで不動産会社を判断しない

所有している不動産を少しでも高く売却したい気持ちは分かりますが、根拠に乏しい査定金額を提示する業者は多いため、査定金額の高さだけで業者を選ぶのは控えてください。

また、価値のある不動産を売りに出す場合でも、売却活動が不十分であれば、売却期間が伸びてしまい、値下げが迫られてしまうかもしれません。そのため、査定金額だけではなく、信頼における不動産会社であるかを良く見極めてください。

まとめ

不動産一括査定は、しつこい電話営業がかけられるだけではなく、正しく使用しなければ査定金額と売却金額が乖離してしまい、結果的に大きく損をして失敗することがあります。

そのため、正しい方法でサイトを利用して、信頼ができる不動産会社を選びましょう。基本的に正しく利用すれば、短時間で手軽に、さまざまな業者の査定金額を知ることができます。また、信頼のおける担当者とも巡り合えるでしょう。

不動産売却を検討している方は、細心の注意を払いながら、お見積りのお問い合わせをしてみてください。